鶴岡八幡宮 つるがおかはちまんぐう
 DATA
祭  神 応神天皇・比売神・神功皇后
神  徳 延命長寿・家運長久 など
住  所 雪ノ下2-1-31
拝観時間 特になし
拝 観 料 無料
交  通 鎌倉駅東口 徒歩10分
H  P 鶴岡八幡宮ホームページ
 概 要
 ・1063年、源頼義は源氏の守り神として京都の石清水八幡宮を由比郷鶴岡に勧請した(現在の元八幡)。その後1180年、鎌倉入りした源頼朝が小林郷北山(現在の地)に遷座、鶴岡若宮とした。
 ・源氏の武門の護り神だった鶴岡八幡宮は、その後足利家、豊臣家、徳川家にも崇拝されるようになった。
 境内の風景
正月三が日はとても賑わいます。 八の字が鳩で描かれています。 鳩は「八幡神の使い」だそうです。
 段 葛
 ・八幡宮から南へ伸びる若宮大路の中央にある一段高くした道を「段葛(だんかずら)」と呼んでいる。
 ・源頼朝が妻・政子の安産祈願のためにつくらせた参道である。当初は一の鳥居からあったが、横須賀線の建設により一の鳥居から二の鳥居までを撤去した。
 ・二の鳥居から三の鳥居に近づくほど、道幅が狭くなっている。これは鎌倉幕府に攻め込まれるのを防ぐため、遠近法によって、より長く見せるためだという。
 ・春になるとサクラの名所として、たくさんの観光客で賑わう。
 一 の 鳥 居

 ・当初、現在の位置より北側に北条氏康が木造の鳥居を建立、「浜鳥居」とも呼ばれていた。
 ・現在の位置に石造明神鳥居を寄進したのは、江戸幕府4代将軍・徳川家綱。木造から石造鳥居に造り変える原因は崇源院(浅井三姉妹の次女、お江)の願いから。鶴岡八幡宮の弁財天を信仰していた崇源院の夢の中で弁財天が現れ「備前国の石を使って木造の鳥居を石造とするように」というお告げがあったという。
 ・関東大震災で一の鳥居から三の鳥居まですべて倒壊した。二の鳥居・三の鳥居はコンクリート製で再建したが、一の鳥居だけは石造で再建された。
 ・鳥居横には、鎌倉幕府有力御家人・畠山重忠の子、重保の墓といわれる宝篋印塔がある。激しい幕府内の権力争いの中、畠山重保は北条時政の謀略により由比ガ浜で騙し討ちにあった。その後、畠山氏滅亡へと向かっていく。
 源 平 池
 ・1182年、頼朝の命により源平池が造られ太鼓橋がかけられた。太鼓橋は当初朱塗りで「赤橋」とも呼ばれた。この太鼓橋の近くに屋敷があったことから北条家の庶流「赤橋家」の名前の由来となり、鎌倉幕府最後の執権・赤橋守時などを輩出している。
 ・太鼓橋の左側が「平家池」、右側が「源氏池」。「平家池」には赤蓮が、「源氏池」には白蓮がそれぞれの家を象徴する旗の色にちなんで植えられたという。
 ・「平家池」には4つ、「源氏池」には3つ島がある。これは平家の滅亡を願う「死」と源氏の発展を願う「産」にかけている。
 舞 殿

 ・1186年、鎌倉に送られてきた静御前が源頼朝の前で義経を慕う歌で舞った「静の舞」のエピソードで知られる。
 ・現在、4月に行われる「鎌倉まつり」では、舞殿で静の舞が行われる。「鎌倉まつり」は鎌倉市観光協会主催の観光行事なので、「静の舞」も春の「流鏑馬」も神事ではない。
 ・2006年に耐震改修工事が行われた際、等身大の舞殿をプリントした幕を貼り、一部マニアに注目を浴びた。公式サイトにも「期間限定プリント舞殿」と紹介されていた。
 ・舞殿を使った結婚式のプランもあり、運がよければ観光客に祝福される中、厳粛な式典を見ることができる。
 大 銀 杏

 ・1219年1月27日、鎌倉幕府3代将軍・源実朝が甥の公暁に暗殺される際、公暁が身を隠していたといわれる銀杏。八幡宮のシンボルとなっていた。
 ・2010年3月10日、強風のため倒壊。現在、再生途中だが若芽も確認されている。
 神 事
流鏑馬神事 9月中旬
 ・疾走する馬上から鏑矢で的を射る伝統的な騎射の儀式。
 ・春の「鎌倉まつり」でも行われる。春は武田流、秋は小笠原流が執り行う。両派に矢の抜き方や式次第などの違いはあるものの、一般に見るだけの観光客からすればさほど気にならない。
ぼんぼり祭 8月6日前後の立秋の前後
 ・夏越祭、立秋祭、実朝祭と行われる鎌倉の夏の風物詩。年によって3日ないし4日間行われる。以前は夏越祭→立秋祭→実朝祭→鎌倉海岸花火大会という夏の鎌倉黄金リレーがあったが、現在は花火大会の日程が変わってしまっている。
 ・境内には全日を通して、鎌倉ゆかりの著名人・文化人揮毫の書画が、ぼんぼりに仕立てられ夜になると灯りがともされる。
 ・「夏越祭(なごしさい)」は、夏の邪気を祓う儀式。参道では茅の輪くぐりが行われ、舞殿では巫女による夏越の舞が奉納される。
 ・「立秋祭」は、夏の無事を感謝し秋の訪れを報告する神事。神前に鈴虫が奉納される。
 ・「実朝祭」は、実朝の誕生日に合わせて俳句会、短歌会が行われる。


 旗上弁財天 はたあげべんざいてん

 DATA
祭  神 多紀理毘売命・市寸嶋比売命・多岐都比売命
神  徳 家運長久
住  所 雪ノ下2-1-31
拝観時間 特になし
拝 観 料 無料
交  通 鎌倉駅東口 徒歩12分
H  P
 概 要
 ・源頼朝の旗上げに家運長久の守護神として弁財天が現れたといわれている。
 ・鎌倉江ノ島七福神では江島神社と並んで「弁財天」。
 ・社の裏には「政子石」がある。北条政子が安産を祈った霊石で、近年では縁結び、夫婦円満の霊験から、恋愛のパワースポットとして若いカップルなどが訪れる。
 舞台となった作品
あなたも私も
湘南ベルバラ探偵局
善の決算
実朝の首

水中の宮殿
OL花子の探偵デビュー
鎌倉静の舞殺人事件
鎌倉不動産のあやかし物件
鎌倉流鏑馬殺人事件
鎌倉・流鏑馬神事の殺人
鎌倉由比ヶ浜殺人事件
鎌倉夢の寺殺人事件
軽井沢-鎌倉殺人回路(源平池)
カンナ 鎌倉の血陣
虐殺 二階堂警視の悲劇
業火
実朝を殺した男 「吾妻鏡」殺人事件
産婦人科医危機一髪(ぼんぼり祭)
定吉七は丁稚の番号「ドクター・不好」
漱石「虞美人草」殺人事件(段葛)
月と蟹
時の時空 鎌倉の地龍
夏の償い人 鎌倉あじさい署(一の鳥居・二の鳥居)
秘宝を追う女
日美子の完全犯罪
蜜月業火の殺人
モダン東京の検屍官
山之内家の惨劇
横浜地下鉄殺人事件
老後の楽しみ
美しい城(一の鳥居)
乙女の初恋
乙女の翼
鎌倉ペンション物語
キャット・シッターの君に。
恋の巣(鶴岡八幡宮・鎌倉国宝館)
こんこんさま
「接吻」と五つの短篇(鶴岡八幡宮・源平池)
ツバキ文具店(八幡宮・鎌倉江ノ島七福神)
永い夜
眠る花(源平池)
橋(一ノ鳥居)
はましぎ(源平池)
冬のはなびら
流鏑馬
雪舞い(県立美術館)
悪の江ノ島大決戦(段葛)
甘くて純情
色重ね
淫府再興
鎌倉香房メモリーズ4
鎌倉ごちそう迷路
鎌倉夫人”穢れ”の性
かまくら「めし屋」のおもてなし ふるさと・・・
鎌倉やおよろず骨董堂 つくも神探偵・・・
鎌倉恋愛物語
君の香りに恋をして
今日はあなたと恋日和
銀闇を抱く娘 鎌倉幻譜(柳原の大池)
源平伝NEO 第壱巻 鎌倉
荒野の恋 第二部 Bump of love
古都の紅(段葛)
坂物語り キミが見つけた冬の朝
殺人占いはJの罠
湘南夫人
スープ屋かまくら来客簿 あやかしに効く・・・
千里眼探偵部1 チーム結成!
千里眼探偵部2 パークで謎解き!?
ちゃんと言わなきゃ -泣いちゃいそうだよ-
蝶の約束 花咲かす君
デリバレット・プレヤー
鴇色の喘ぎ
舐め筆お淡 異なもの
果てなき夜の終わり 鎌倉幻譜
筆跡鑑定人・東雲清一郎は書を書かない。
         鎌倉の花は、秘密を抱く

ひとり旅の神様「梅雨明けと鎌倉と、猫神様」
ビブリア古書堂の事件手帖3
平成好色一代男 和装セレブ妻の香り
弁財天の恋
炎の魔法陣
真夏のハードボイルド・キッズ
流星刀しのび恋
若妻羞恥地獄
遺文 吉原裏同心(21)
海を見ていた
遠雷去らず
陰陽師 鬼一法眼 壱之巻(二の鳥居・源平池)
陰陽師 鬼一法眼 弐之巻
陰陽師 鬼一法眼 駕篭の鳥之巻
華焔 義経の妻
鎌倉盛衰記(1)海に眠る 義高と大姫
鎌倉とりかえばや奇譚 第二部 鎌倉編
消えた義経
黄蝶舞う
帰来草 かねさわかまくら時超え奇譚
源太の産衣
源平魔境4 邂逅魔王宮
こどもちゃんねる
実朝の首
静かなる鬨の声 -静御前と北条政子-
新・遠雷去らず
旅立ちぬ 吉原裏同心抄
付添い屋六平太 玄武の巻 駆込み女
悲鬼の娘
美食探偵
二人静
弁天てんてん
義経の首
あぶない壇ノ浦
天よりも星よりも
海のおくりもの
エルフェンリート(段葛)
オチビサン(鶴岡八幡宮・源平池)
陰陽師 鬼一法眼
鎌倉逢魔が刻
鎌倉逢魔が刻 -谷戸-

鎌倉けしや闇絵巻
鎌倉の寺
鎌倉ものがたり
帰宅部活動記録 第1話「萩月流出没注意」
キミノ名ヲ。
キャプテン・アース 第15話「本当の自分」
吸血姫美夕 第4話 「凍る刻」
KING 天よりも星よりも番外編
群青
外法童子
源氏伝NEO
コミック四条金吾
侵略!イカ娘

スピ★散歩4
竹御所余聞
ちびまる子ちゃん「まる子、鎌倉に行く」の巻
刀使の巫女 第7話「心の疼き」
マンガ日本の古典13 とはずがたり
ネコの王2
Home,Honey Home
へうげもの 第30話
1186年の舞姫-静と義経-