西村京太郎の作品
数々のトラベルミステリーを世に出した大御所・西村京太郎も鎌倉を舞台にした作品を描いています。中にはドラマ化した作品もあり、その撮影場所も鎌倉を使っています。
作品名 発行年
赤い帆船 1982
江ノ電の中の目撃者 1986
鎌倉・流鏑馬神事の殺人 2004
十津川警部 二つの「金印」の謎 2007
殺人列車への招待 2009
鎌倉江ノ電殺人事件 2009
SL「貴婦人号」の犯罪 2011
.
赤い帆船(クルーザー) 西村京太郎 角川文庫
あらすじ
 無名の青年だった内田洋一は、外洋ヨット「マーベリック1号」で11か月間の間、無寄港世界一周に成功し三浦市の油壷に凱旋した。その後彼は一躍有名人となり、新規に海洋レジャー部門を作った丸栄物産は、彼を顧問としてプロジェクトな参画させた。そンな中あるヨットマンの情報から挑戦途中での寄港の疑惑があがり、その真偽を確かめようと動き出そうとした時、洋一が第三京浜で自動車事故を起こし、死亡したと知らせが入ってきた・・・。


 作品の舞台
 大船・・・西沢たちは、大船にヨットのための造船所を作っています。
 登場人物
内田 洋一 丸栄物産顧問。33歳。世界一周で名を馳せたヨットマン。
内田亜矢子 洋一の妻。26歳。旧姓・千坂。テレビタレント。
村上 邦夫 洋一の高校・大学時代の同級生。33歳。洋一と仲が悪い。亜矢子の元恋人。
長谷部大造 丸栄物産社長。
総務部長 丸栄物産総務部長。名前は出てこない。
大野 丸栄物産海洋レジャー部長。52歳。
金子 昌子 大野の秘書。
小西 清治 丸栄物産ヨット宣伝販売課員。28歳。詩人。洋一の航海記のゴーストライター。
山代ルミ子 洋一の愛人。24歳。銀座のバーのホステス。
森下 江ノ島~タヒチヨットレースに参加する丸栄物産チーム「マーベリック1号」のキャプテン。
日野 「マーベリック1号」のクルー。
佐々木 「マーベリック1号」のクルー。
服部 克郎 江ノ島~タヒチヨットレースに参加する村上邦夫チーム「サンダーバード号」のクルー。25歳。
山下 太一 「サンダーバード号」のクルー。
勝田  登 世界一周に挑戦中のヨットマン。
斎藤 周三 ヨットマン。25歳。
宍戸  賢 ヨットマン。
西沢栄太郎 ヨットマン。
K・H 洋一のライバルのヨットマン。
榊原紳一郎 日本ヨット連盟理事長。
深沢徳太郎 「サンダーバード号」の元の持ち主。52歳。西伊豆の木負に住む。
名取高一郎 千葉市のスーパー「ナトリ」の経営者。
名取 高志 高一郎の弟。
藤村加奈子 高志の婚約者。「ナトリ」の店員。
丸山晋太郎 「第九昭栄丸」船員。
三崎 日亜郵船の客船「オーシャン・クィーン号」の一等航海士。
船長 「オーシャン・クィーン号」の船長。
船医 「オーシャン・クィーン号」の船医。
ヘンダーソン 米軍空軍少佐。「グラマン・ホークアイG」の機長。
ジェニング 米軍空軍伍長。
大河原 「東日新聞」記者。
伊達 「毎朝新聞」記者。
副院長 世田谷区にある「前田病院」の副院長。
医師 「前田病院」の若い医師。
看護婦 「前田病院」の看護婦。
山下徳太郎 東京に住むサラリーマン。35歳。
山下 民雄 大学生。22歳。
十津川省三 警視庁捜査一課警部補。
課長 警視庁捜査一課長。名前は出てこない。
鈴木 警視庁捜査一課刑事。
永井 警視庁捜査一課刑事。
崎田 警視庁捜査一課刑事。
.
江ノ電の中の目撃者 西村京太郎 河出文庫
あらすじ
 十津川警部のもとに一通の封書が届いた。封書の差出人は十津川が学生時代に世話になった原口夕子の娘・由紀だった。手紙には夕子が刑事事件に巻き込まれ困っているので助けて欲しいと書かれていた。そこで十津川は彼女が住む鎌倉へ向かうが、事件を調べていくうちにある疑惑が見つかる・・・。


 作品の舞台
 七里ガ浜・・・原口夕子の家があります。
 登場人物
十津川省三 警視庁捜査一課警部。
亀井 定雄 警視庁捜査一課刑事。
本多 警視庁捜査一課長。
原口 夕子 旧姓・池島。十津川が学生時代にサークル合宿をしていた家の娘。
原口 由紀 夕子の娘。
花田 麻理 OL。28歳。
青木 夕子の弁護士。
.
鎌倉・流鏑馬神事の殺人 西村京太郎 文藝春秋
あらすじ
 4月27日、京都の鴨川の和風旅館で坂井京子が殺された。京子の殺されていた部屋の襖には「陰陽」という文字が書かれていた。さらに5月になって東京で、京子の遊び仲間の一人・石川一也も自宅で死体となって発見された。やはり家の壁に「陰陽」という文字が書かれていたため、十津川たちは京子の遊び仲間を中心に事件との関連を探っていく・・・。


 作品の舞台
 円応寺・・・永谷敬は鎌倉へ着くと円応寺に向かいます。
 鶴岡八幡宮・・・八幡宮の秋の例大祭に行われる流鏑馬神事で、第3の悲劇がおこります。
 登場人物
坂井 京子 銀座のクラブ「京子」のオーナー。
笠原  卓 京子の遊び仲間。歌舞伎町で風俗店を経営。
石川 一也 京子の遊び仲間。経営コンサルタント。
南条 直道 京子の遊び仲間。リサイクルショップ経営。
永谷礼一郎 俳優。飛行機事故で死亡。
永谷  敬 礼一郎の息子。音楽関係の仕事をしている。
木下あかね 京子の秘書。
藤本  明 京子の甥。一般建築士。「広田設計事務所」に勤務。
広田 信男 「広田設計事務所」を経営。
南条美知子 直道の妻。
青木 テレビ局編成局長。
藤田 慶一 世田谷在住のグループ会社社長。
白井 文子 世田谷在住の女性。父が精密機械工場を経営。
池永 弘道 田園調布在住の宝石商。
三木 綾子 銀座のクラブ「あや」のママ。
小川 新吉 新宿の和菓子屋「清月」を経営。
小川 辰子 新吉の妻。
小川 久子 新吉と辰子の娘。結婚後、横浜に住む。
小田 雅則 敬の友人。法律事務所に勤めながら司法試験の準備をしている。
十津川省三 警視庁捜査一課警部。
亀井 定雄 警視庁捜査一課刑事。
西本  功 警視庁捜査一課刑事。
日下 淳一 警視庁捜査一課刑事。
北条 早苗 警視庁捜査一課刑事。
田中 大輔 警視庁捜査一課刑事。
片山 警視庁捜査一課刑事。
坂下 静岡県警警部。
中川 京都府警捜査一課警部。
吉田 京都府警捜査一課刑事。
鈴木 京都府警検視官。
小野寺 京都府警事件捜査本部長。
.
十津川警部 二つの「金印」の謎 西村京太郎 祥伝社ノンノベル
あらすじ
 中目黒のマンションの一室で、首のない死体が発見された。死体のそばには「正義之国王」の署名と、金印が押された宣告文が残されていた。死体があった部屋の住人も失踪中で、十津川たちは手がかりが少ない中、事件解明に立ち向かうが・・・。。


 作品の舞台
 鎌倉・・・織田澤芙蓉は、取引をするために鎌倉にある海沿いのレストランに向かいます。
 登場人物
十津川省三 警視庁捜査一課警部。
亀井 定雄 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
西本  功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
日下 淳一 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
三田村 功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
北条 早苗 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
三上 警視庁捜査一課捜査本部長。十津川の上司。
大日向浩志 (財)アドベンチャー・ジャパン代表。弁護士。
織田澤芙蓉 大日向の秘書。
伊藤 慶吾 大日向の秘書。
岡田隆三郎 (財)アドベンチャー・ジャパン幹部。
戸川  守 (財)アドベンチャー・ジャパン幹部。
渡辺  孝 元・(財)アドベンチャー・ジャパン幹部。
福田 久雄 元・(財)アドベンチャー・ジャパン会員。サラリーマン。アマチュア冒険家。
金森 健二 戸川の弟分。
浅井 直也 日本古代史研究会会員。京都のK大学助教授。日本古代史が専門。52歳。
浅井 悦子 直也の妻。
稲川 友之 日本古代史研究会会員。世田谷に住むサラリーマン。45歳。
小山多恵子 日本古代史研究会会員。都内中学校の歴史教師。
小野寺 日本古代史研究会本部事務局長。
木下 日本古代史研究会九州支部事務局長。。
水木 克男 稲川の同僚。
木村 利香 学者や評論家相手のフリーの秘書。
青木美佐子 利香のS女子大時代の友人。主婦。
原田 亜希 利香のS女子大時代の友人。中学校の国語教師。
三沢 伸子 等々力に住む作家。S女子大卒。
久保 S女子大学文学部教授。
藤田  肇 国立博物館館長。
矢野  透 日本歴史記念館館長。
原口 京都の国立大教授。古代史研究家。64歳。
石川 福岡の国立大教授。古代史研究家。
御手洗 東京の国立大教授。古代史研究家。病死。原口・石川・御手洗は古代史研究三羽烏。
秋山 東京弁護士会の弁護士。
神田 深大寺に住む元・医療機器販売会社社長。
土屋明日香 銀座のクラブ「明日香」のママ。25歳。
成瀬 光一 整形外科医。
井上 中目黒のマンション管理人。
篠原 京都府警警部。
加藤 福岡県警警部。
.
殺人列車への招待 西村京太郎 集英社文庫
あらすじ
 十津川警部のもとに「殺人ゲームがしたい」という謎の電話が入り、それに続いて寝台特急「さくら」の車内で、「ア」から始まる名前の女を殺すと書かれた挑戦状が手元に届いた。はじめは悪戯とみる関係者もいたのだが、念のため当日「ア」から始まる名前の女性にガードをつけたのだが、別の女性が殺されてしまう…。


 作品の舞台
 大船・・・白井謙は、大船にある自宅に戻る途中「湘南ライナー」の車内で、殺害されます。
 登場人物
十津川省三 警視庁捜査一課警部。
亀井 定雄 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
西本  功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
日下 淳一 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
清水 新一 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
本多 時孝 警視庁捜査一課長。十津川の上司。
三上 警視庁捜査一課捜査本部長。十津川の上司。
日野まゆみ 太陽プロ所属のタレント。本名・青木ゆみ子。21歳。
金村  慧 「M電気」営業部第一営業課勤務の会社員。
白井  謙 「中央新聞」記者。
田口 「中央新聞」記者。謙の同僚。
白井 美保 謙の妻。
小野 洋一 まゆみの知人。26歳。
末広  誠 まゆみの知人。36歳。
中村 幸夫 まゆみの知人。30歳。
三宅  良 慧の知人。40歳。
平岡  明 慧の知人。31歳。
前田ゆかり 高崎市内の会社に勤務するOL。22歳。
白石  要 「日本中央化学」勤務の会社員。故人。
白石 冴子 要の元妻。浦和市(現・さいたま市)在住。
竹内 隆介 警察官志望の青年。品川区荏原在住。29歳。
森下 「M電気」営業部第一営業課長。慧の上司。
松山 昭正 「K生命」渉外課長。
松山  淳 昭正の弟。ミニコミ誌の発行人。半年前に自殺。
三宅 明子 ミニコミ誌制作のアルバイト。
ママ 新宿3丁目のクラブ「菊」のママ。
健ちゃん 「菊」のバーテンダー。
牧田 南青山のマンションの住人。
林 健一郎 不動産会社「K産業」の会社員。
新田  隆 ヤクザ。
川島  徹 義兄一家5人を殺した殺人犯。
安藤 ゆみ 寝台特急「さくら」の乗客。25歳。
阿部 清美 寝台特急「さくら」の乗客。40歳。
江上 秀介 白バイ隊員。
山下 寝台特急「出雲4号」車掌。
池田 特急「谷川9号」車掌。
森口 寝台特急「さくら」専務車掌。
中山 東京駅旅客助役。
岩田 府中本町駅長。
青山 警視庁警部。
原口 科捜研技官。
平田 群馬県警刑事。
.
鎌倉江ノ電殺人事件 西村京太郎 トクマ・ノベルス
あらすじ
 渋谷のマンションに住む大学生・原田大輔が自宅で毒殺された。現場には猫の置物に「2」、江ノ電のおもちゃに「1」と書かれたメモが残っていた。十津川たちは、江ノ電に関する第2の事件がおきると推理し鎌倉へ向かうが、その翌日、女性が江ノ電の列車に轢かれる事件がおきてしまう・・・。


 作品の舞台
 江ノ電・・・江ノ電の稲村ヶ崎と極楽寺の間にある踏切で女性の轢死体が見つかります。
 イワタコーヒー・・・戸山は、矢吹や十津川たちと事件に関することを相談します。
 登場人物
十津川省三 警視庁捜査一課警部。
亀井 定雄 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
西本  功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
日下 淳一 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
三田村 功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
北条 早苗 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
三上 警視庁捜査一課捜査本部長。十津川の上司。
原田 大輔 渋谷のマンションに住む大学生。N大1年。
原田健一郎 大輔の父。山形県議。
原田 恵子 大輔の母。上山温泉の旅館の女将。
原田 明人 大輔の兄。健一郎の秘書。
白石  翔 大輔の親友。N大1年。
田中  学 「高崎システム」業務一係長。鉄道マニア。交通事故死。
田中 友子 学の妻。旧姓・倉田。
小暮 裕美 友子の友人。
寺沢 信介 学の親友。鉄道マニア。30歳。
寺沢 亜紀 信介の妻。30歳。
寺沢 信一 信介の長男。7歳。
寺沢みどり 信介の長女。4歳。死亡。
山田 康夫 三鷹に住むサラリーマン。事故死。
後藤  誠 S大3年。事故死。
瀬戸新太郎 雑誌「列車マンスリー」編集長。52歳。
戸山 秋穂 鎌倉に住む中堅日本画家。
仁科 麹町に住む国土交通大臣。
矢吹 神奈川県警警部。
.
SL「貴婦人号」の犯罪 西村京太郎 NON NOVEL
あらすじ
 都内世田谷で鉄道模型のネット販売トラブルが原因の殺人事件がおき、犯人と見られる鉄道マニアの会社員・雨宮は犯行後失踪してしまった。雨宮の友人で事件の目撃者の大野の証言によると、「大野はSL貴婦人号のファンなので、貴婦人号の最終運行日に姿を現す」というのだ。そこで十津川警部たちは貴婦人号が運行する山口へ向かうが、そこで若い女性の他殺死体を発見する・・・。


 作品の舞台
 鎌倉・・・鎌倉市内の中古マンションで、荒木の死体が発見されます。
 登場人物
十津川省三 警視庁捜査一課警部。
亀井 定雄 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
西本  功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
日下 淳一 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
三田村 功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
北条 早苗 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
三上 警視庁捜査一課捜査本部長。十津川の上司。
本多 警視庁捜査一課長。十津川の上司。
大野  修 М銀行三鷹支店第一営業部所属の銀行マン。鉄道マニア。26歳。
雨宮 健一 大野の友人。旅行会社「ジャパントラベル」の社員。鉄道マニア。26歳。
河野 博史 無職。鉄道のネット販売で生計を立てている。30歳。
西岡 由香 自営業。江戸川区に住む。30歳。
荒木浩一郎 フリーター。鎌倉に住む。36歳。
岸本 亜矢 大野の恋人。
横井美由紀 大野の恋人。
宮脇 明美 芸能プロ「サン芸能社」所属のタレント。芸名「二宮あさみ」。25歳。
名取加奈子 芸能プロ「サン芸能社」所属の女優。
大村  卓 明美と加奈子のマネージャー。
御園生健一郎 杉並区永福に住む会社社長。「ジャパントレードカンパニー」経営。
最上  誠 サラリーマン。鉄道マニア。45歳。
野村 雄作 サラリーマン。鉄道マニア。26歳。
伊地知 世田谷区のK病院の医師。
浅井 神奈川県警警部。
水野 京都府警警部。
川添 京都府警刑事。
太田 山口県警警部。
新田 山口県警刑事。
小笠原 警視庁刑事。鉄道好き。
.
空と海と陸を結ぶ境港 西村京太郎 トクマ・ノベルス
あらすじ
 東京と長崎で立て続けに若い女性が3人殺害された。事件の被害者に「18歳」「小柄で美人」「子猫ちゃんと呼ばれている」と共通していることが多いことに気づいた十津川は、その募集要項が同じである鳥取県境港市で行われる「ミス猫娘コンテスト」に犯人が現れると予想し、犯人を「子猫コレクター」と呼ぶことにした。するとコンテスト当日にミス猫娘に選ばれた女性が誘拐されてしまい、十津川たちは、鳥取県警と組み捜査をすることになった…。


 作品の舞台
 北鎌倉・・・加藤宏美が住むマンションがあります。
 登場人物
十津川省三 警視庁捜査一課警部。
亀井 定雄 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
西本  功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
日下 淳一 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
三田村 功 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
北条 早苗 警視庁捜査一課刑事。十津川の部下。
三上 警視庁捜査一課捜査本部長。十津川の上司。
本多 警視庁捜査一課長。十津川の上司。
大河内 学 京都の旧家の当主。京都市議。
大河内弥生 学の亡妻。旧姓・小松川。
大河内菊乃 学の一人娘。「世界を代表する乙女の会」の日本代表となるが、自殺する。享年18歳。
加賀真由美 原宿の洋品店のアルバイトスタッフ.。18歳。南青山のマンション「ビレッジ青山」に住む。
田村 由香 真由美の同僚。20歳。
渡辺 香里 三鷹にある女子大の1年生。18歳。バドミントン部所属。
コーチ 香里の恋人。26歳。バドミントン部のコーチ。
角田 晴美 「長崎市観光協会」経理事務担当。18歳。
永田 香織 「ミス猫娘」グランプリ受賞者。18歳。世田谷区在住。
加藤 宏美 モデル経験のある短大生。18歳。北鎌倉在住。
野島 さら 「美しい足の女王コンテスト」優勝者。19歳。大阪市在住。
白井 樹里 君津市出身の女性。18歳。
鈴木 卓三 北鎌倉のアパートに住む失業中の男。50歳。
笠井 「ミス猫娘実行委員会」委員長。50歳代。
吉川 「ミス猫娘コンテスト」世話係スタッフ。
秋本 「世界を代表する乙女の会」広報担当。
ママ 境港にあるカフェのママ。40代女性。
オーナー 宏美が住むマンションの前にあるカフェの女性オーナー。
女将 渡月橋近くの旅館の女将。学の小学生時代の同級生。
社長 新宿駅西口にある不動産屋の社長。
管理人 境港駅近くのマンションの管理人。
署長 境港署署長。40歳代。
今村 鳥取県警警部。
佐野 鳥取県警刑事。
三田 鳥取県警刑事。
金子 京都県警警部。
田中 赤坂署警部。