鎌倉の官能小説(その1)
鎌倉が舞台となっている官能小説です。
作品名 発行年
鎌倉山 1983
袖と袖 1983
淫乱 鎌倉未亡人 1987
肉体の洗礼 1999
粘土 2003
メイド・淫・蜜(メイド・イン・ハニー) 2005
梛の葉情話 2009
鎌倉狂愛夫人 屋敷の奥の情交 2010
平成好色一代男 和装セレブ妻の香り 2011
淫府再興 2013
鎌倉三姉妹 淫ら花 2015
.
鎌倉山 作者不詳 サラ・ブックス
あらすじ
 20歳で未亡人となった藤堂芳江は、鎌倉山にある別宅で気を紛らわす日々を送っていた。そんな彼女を気になっていた隣宅に避暑に来ている大学生の森山は、ある夜彼女のもとに忍び入るのだが・・・。


 作品の舞台
 鎌倉山・・・芳江は鎌倉山の別宅で、森山との情事を重ねます。
 登場人物
藤堂 芳江 鎌倉に住むK子爵の長女。19歳で結婚するも半年で夫を亡くす。20歳。
森山 鎌倉山に避暑に来ていた大学生。
露子 芳江の妹。18歳。
.
袖と袖 小栗風葉 サラ・ブックス
あらすじ
 鶴田家に奉公していたお艶は、若旦那の要之助に恋焦がれていたものの、銀行員の重田東吉に嫁ぐことになった。そこで同じく要之助に想いを寄せる彼の従妹・常子に恋の手助けをしようとするのだが・・・。


 作品の舞台
 長谷・・・鶴田家の別荘があります。
 登場人物
鶴田要之助 鶴田家の若旦那。慶應義塾大学の学生。
河野三千雄 要之助の親友。早稲田大学の学生。
千代 要之助の母。未亡人。現・鶴田家の当主。
常子 要之助の従妹。要之助に想いを寄せる。19歳。
お艶 鶴田家に奉公する上州新田の娘。22歳。
内田 文子 常子の友人。三千雄の恋人。
星野 君子 常子の友人。22歳。
重田 東吉 市ヶ谷に住む銀行員。
お松 鶴田家の奉公人。
お六 鶴田家の奉公人。
作造 鶴田家の下男。
二郎 重田家の近所に住む小役人の息子。15歳。
熊五郎 重田家の近所に住むごろつき。
善吉 鶴田家の馴染みの呉服屋。
山根夫人 富豪。
.
淫乱 鎌倉未亡人 扇紳之介 二見書房
あらすじ
 遊び人の政津祐介は、博打仲間のソープ嬢・リサが通う英会話スクールの生徒で鎌倉に住む未亡人の中条江梨花を紹介された。夫を亡くして2年が経ち淋しい思いをしていた彼女は、祐介の下心を知りながら交際を始め、肉体関係を持つようになっていった。そして彼女は表向きでは高校2年生の娘の家庭教師ということで、情夫の祐介を鎌倉の自邸に住まわせることにした…。


 作品の舞台
 鎌倉・・・中条江梨花邸があります。
 登場人物
政津 祐介 古アパート「日の出荘」に住む遊び人。30歳。
中条江梨花 鎌倉に住む未亡人。夫を亡くして2年。英会話スクールの生徒。
中条由里子 江梨花の長女。高校2年生。体操部に所属。
中条 純也 江梨花の長男。百合子の弟。高校1年生。
石山 勝子 祐介の博打仲間。ソープランド「石亭」のソープ嬢。源氏名は「リサ」。
常盤 辰代 祐介の博打仲間。「トキワ美容院」のマダム。夫は検察庁事務官。
マスター 祐介の博打仲間。ゲイバーのマスター。
マヌケの辰 祐介の悪友。チンピラ。「K組」の準構成員。
コウちゃん 祐介の悪友。チンピラ。
新藤 馬城 高校の美術教師。27歳。
星川ひとみ 「B活キネマ」のポルノ女優。本名・磯川桂子。
北崎 寿市 「B活キネマ」の助監督。
ママ スナックバー「イソヒヨドリ」のママ。
.
肉体の洗礼 緑雨山人 河出文庫
あらすじ
 夏季休暇中だった薫は、突然避暑に行きたいと言い出した月岡夫人のお供で鎌倉の別荘に行くこととなった。鎌倉では前もって連絡を入れていた夫人仲間たちが駆けつけていた。そこで彼女たちは、理想が高く恋ができない薫のために、自らの恋愛経験の告白会を開くことになったのだが…。

 作品の舞台
 鎌倉・・・月岡家の別荘があります。
 登場人物
花田  薫 役所に勤める若者。
月岡 大学教授。花田の同郷の先輩。
月岡夫人 月岡の妻。
お小夜 月岡家のお手伝い。
星野夫人 月岡夫人の友人。
吉川夫人 月岡夫人の友人。
佐藤夫人 月岡夫人の友人。
山中夫人 月岡夫人の友人。
太田夫人 月岡夫人の友人。
秋山夫人 月岡夫人の友人。
島田夫人 月岡夫人の友人。
鈴木夫人 月岡夫人の友人。
芳子 花田の従姉。26歳。
.
粘土 北大路直 扶桑社文庫
あらすじ
 コンビニでアルバイトをする高校生のナツコは、何かと暴力をふるいたがるジュンと何となくつきあっていた。夏のある日、ナツコはジュンから絵のモデルのアルバイトを紹介され、依頼主が暮らす鎌倉へ向かったのだが、そこで待っていたのはナツコと幼稚園が一緒だったアユミだった…。

 作品の舞台
 鎌倉・・・キシダワタル邸があります。
 高徳院・・・ナツコとアユミはデートの途中、大仏の中でキスをします。

 二人は下記のコースをデートします。

     由比ガ浜の海岸 → 佐助稲荷 → 銭洗弁天 → 高徳院 → 小町通り → 鶴岡八幡宮

 登場人物
モリ ナツコ コンビニでバイトをしている女子高校生。17歳。
タチカワ ジュン 運送屋で働くナツコの恋人。DVの気がある。
キシダ ワタル 鎌倉に住む画家。
コジマ アユミ ワタルの息子。ナツコの幼なじみ。17歳。
きぬ キシダ家のお手伝い。
ミサキ ワタルの知人。
.
メイド・淫・蜜 睦月影郎 双葉文庫
あらすじ
 湘南鎌倉の古い洋館に造られた喫茶店「三日兎」。「三日兎」は美貌のデザイナー兼オーナーの羽鳥江梨花が取り仕切り、メイド姿の女性従業員2人が働いていた。フリーターの桂木博夫はそんな店にアルバイトとして働くことになったのだが、その洋館にある地下室には秘密があるようで・・・。

 作品の舞台
 鎌倉・・・江梨花が経営する喫茶「三日兎」があります。
 登場人物
桂木 博夫 浪人兼フリーター。18歳。
羽鳥江梨花 鎌倉の喫茶店「三日兎」のオーナー。ファッションデザイナー。40歳前後。
石沢 一恵 「三日兎」のウエイトレス。女子大生。元・博夫と同じ高校の一年先輩。19歳。
小夜子 「三日兎」のウエイトレス。江梨花の遠縁。江梨花の住み込みのお手伝い。20歳。
島田 良枝 「三日兎」の常連客。30歳前後の清楚なセレブ妻。
村井 佳奈 女子大生。一恵と同じ大学の後輩。元・博夫の高校の同級生。18歳。
江梨花の学生時代の友人。ミッションスクールの理事長。
.
梛の葉情話 末廣 圭 POCKET NOVELS
あらすじ
 ツアーコンダクターの永瀬貢は、以前恋人だった人妻の浅田美和とセブ島へ不倫旅行を楽しんでいた。その旅行中、貢は美和から彼女の親友である野村麻衣子の失踪に関する相談を受けた。そこで東京へ戻った貢は、早速麻衣子が住む鎌倉へ向かったのだが・・・。

 作品の舞台
 由比ガ浜・・・野村麻衣子・真弓が住む家があります。
 登場人物
永瀬  貢 西新宿にある旅行会社「ファー・イースト・トラベル・センター」のツアーコンダクター。36歳。
浅田 美和 4年前まで貢と恋仲の主婦。32歳。旧姓・斉藤。
野村麻衣子 美和の親友。31歳。独身。
野村 真弓 麻衣子の妹。27歳。
吉田  学 「ファー・イースト・トラベル・センター」社長。貢の大学の2年先輩。
浅田 洋介 美和の夫。
長谷川志乃 池袋にあるスナック「篠」のママ。
笠原 一馬 阿佐ヶ谷に住む寿司職人。
笠原 恵子 一馬の妻。35歳。
彰子 貢が常連とする西新宿のラーメン屋の奥さん。
弥生 彰子の娘。29歳。
.
鎌倉狂愛夫人 屋敷の奥の情交 桃山 庵 フランス書院文庫
あらすじ
 週末に行われる講演の仕事に向かうため家を空けなければならなくなった響子は、一人残していく息子の春也が心配でならなかったが、その間に妹の薫が預かってくれることになりひと安心だった。ところが叔母にあたる薫のことを憧れ続けていた春也にとっては、彼女と接近できる大チャンスだった…。

 作品の舞台
 明月院・・・響子は薫に、明月院の紫陽花会の茶会を任せます。
 笹目・・・春也と薫は、笹目にある屋敷で人目を忍んで関係を持ちます。
 登場人物
相田 響子 茶道家。
相田 友和 響子の夫。
相田 春也 響子の一人息子。横浜の進学校に通う高校生。
小西  薫 響子の妹。10年前に夫を亡くす。
小西由美子 薫の娘。山手にある女子大に通う大学生。
.
平成好色一代男 和装セレブ妻の香り 睦月影郎 講談社文庫
あらすじ
 文具メーカーの営業マン・与野今日介は、冴えないアラフォー男。しかし見た目の真面目さとは裏腹に、何度も妻以外の女性と情交をくりかえしてるのだった・・・。

 作品の舞台
 鎌倉・・・今日介の実家となる古武術の道場があります。
 鶴岡八幡宮・・・高校時代の今日介が、由紀子に恋の告白をします。
 登場人物
与野今日介 『ダイバ文具』の営業マン。ツボの知識が豊富。
与野 幸子 今日介の妻。
与野 福夫 今日介の息子。中学生。
小野 涼子 不動産のOL。
白石 伶子 歯科医師。
山崎 沙織 ピアノ教師。
清瀬 初代 安達祐実似の保育士。
大石 千穂 ツアーコンダクター。
森下美佐子 茶道を習う和装セレブ妻。鎌倉在住。
梨花 人妻。元モデル。
竹内 彩香 タレント。
高野由紀子 今日介の幼なじみ。高校時代は文芸部員。
高野美由紀 スポーツジムトレーナー。
岩崎 悦子 幸子の妹の友人。
.
淫府再興 沢里裕二 講談社文庫
あらすじ
 京都の老舗の香舗「松香堂」の若女将・松田光恵は、香の道を追求するとともに淫の道も極めようとしていた。それまで店で封印をされていた催淫香を開発し、桃園家から淫の道を教え込まれていた光恵は香を焚かせ日々男を漁り続けているのだった…。

 作品の舞台
 鎌倉・・・鎌倉の山の中腹に、桃園家の屋敷があります。
 円覚寺・・・桃園淫道家の後を継いだ光恵は、円覚寺にアジサイを見に行きます。
 小町通り・・・光恵が経営する甘味処『桃善哉』があります。
 鶴岡八幡宮・・・寛二と光恵が二人で参拝します。
 登場人物
松田 光恵 京都の香舗『松香堂』の若女将。39歳。
松田 寛二 光恵の夫。『松香堂』の17代目店主。香の名匠。光恵と別居し、北山の別邸に住む。
松田弘衛門 光恵の父。『松香堂』先代店主。55歳で死亡。
松田 純子 光恵の母。弘衛門の妻。
瀬川 清一 『松香堂』の職人。
三木 正明 祇園花見小路の写真店『華映』の4代目主人。60歳過ぎ。
佐川 俊介 S女子大学文学部教授。日本の風俗史を研究。
小田真奈美 S女子大学文学部学生。
桃園貴美子 日本古来の淫の奥義を伝える淫道宗家「桃園司家」35代目当主。
鈴木 静雄 桃園家の侍従。
小田めぐみ 赤坂芸者。弘衛門の妾。弘衛門との間に娘・真奈美をもうける。
吉原由梨絵 祇園のクラブ『さくら』のホステス。寛二の愛人。
村上 千里 『さくら』のホステス。由梨絵の後輩。
三木 華雲 江戸時代の春画の絵描き。正明の祖先。『華映』初代当主。
小島 涼音 女子大生。光恵が経営する甘味処『桃善哉』のアルバイト。
源治 新しい桃園家の侍従。
快 刀 山 男娼力士。
マック・フレーザー 男娼白人プロレスラー。
羽越 SM調教師。
川村 政治家。
.
鎌倉三姉妹 淫ら花 霧原一輝 双葉文庫
あらすじ
 15年前に妻を亡くした渋井達生は、脱サラ後に妻の実家を買い取り、古民家カフェ「セピア」を開店した。店で働くのは達生と、住み込みで働く鎌倉彫専門店の若い娘・皐月の2人だ。ある日、達生は皐月から姉の桔梗を紹介されるが、2人は互いに惹かれあってしまう…。

 作品の舞台
 鎌倉・・・江ノ電の鎌倉駅に近いS駅から徒歩5分の位置に、達生が経営する古民家カフェ「セピア」があります。
「江ノ電の鎌倉駅に近いS駅」(原文のまま)ということですが、
                             この条件に該当する鎌倉から一番近い駅となると…

    江ノ電でいうと、「七里ヶ浜」駅
    JRでいうと、横須賀線なら「新川崎」駅、根岸線なら「新杉田」駅、
            東海道線なら上りは「品川」駅、下りは「新蒲原」駅
    湘南モノレールだと大船寄りは「湘南町屋」駅、江ノ島寄りは「湘南江ノ島」駅になります。

  イメージ的には七里ヶ浜になるでしょうか…ちょっと違う気もしますが…。
 若宮大路・・・鶴岡八幡宮に近い若宮大路沿いに、宇田川三姉妹の実家の鎌倉彫専門店「懐古堂」があります。
 鎌倉国宝館・・・桔梗と達生は、国宝館でやっている浮世絵展を見に行きます。
 長谷寺・・・その後二人は、長谷寺を散策します。
 鎌倉プリンスホテル・・・達生は、海が見える「Pホテル(原文のまま)」のレストランで、桔梗や菖蒲と食事をします。
 登場人物
渋井 達生 古民家カフェ「セピア」のマスター。51歳。
宇田川桔梗 鎌倉彫の店「懐古堂」の看板娘。35歳。
宇田川菖蒲 桔梗の妹。32歳。
宇田川皐月 桔梗・菖蒲の妹。「セピア」のウエイトレス。23歳。
渋井 優子 達生の亡妻。15年前にがんで死亡。
田口 美里 インテリアコーディネーター。29歳。
高桑 亮一 鎌倉に住む実業家。53歳。
石川 「懐古堂」の店員。