エルフェンリート 岡本 倫 TVK系
あらすじ
 太平洋の離島にある国立生態科学研究所(ベクターウイルス研究所)は頭部に2本の角を持つ人間の突然変異体「ディクロニウス」を隔離研究していた。しかし偶発的な事故によりディクロニウスの少女・ルーシーは警備員たちを殺し脱走、頭部へ銃弾を受けるも海へ飛び込み逃亡した。一方、由比ガ浜の浜辺を散歩していた大学生の耕太とユカは、砂浜に佇む全裸の少女をみつけるが、その少女こそ逃亡したルーシーだった。彼女は頭部への被弾により「にゅうにゅう」としか言葉を話さないため、「にゅう」と名付け二人とともに共同生活をすることになった…。
(2004.10一部修正後放映)


 作品の舞台
 長谷・・・耕太・ユカ・ルーシー・ナナ・マユが共同生活する料亭「楓荘」があります。
 由比ガ浜・・・耕太とユカは、散歩中に全裸のルーシーと出会います。
 極楽寺・・・ユカの実家があります。
 成就院・・・ナナがルーシーを見つけ対決をします。
 丸七商店街・・・マユがパンのみみをもらうパン屋があります。
 佐助稲荷・・・ルーシーを探す耕太とユカが雨宿りをします。
 段葛・・・ナナがクレープを買おうとするクレープ屋があります。
 導地蔵・・・マユとナナがルーシーのことを話し合います。
 江ノ電・・・鎌倉行きの列車が極楽寺のトンネルを越えた頃、車内で耕太の父と妹のカナエが殺されます。
 銭洗弁財天・・・ルーシーとナナが雨宿りをします。
 登場人物(カッコ内は声優名)
耕太
(鈴木 千尋)
大学生。空き家となっていた料亭「楓荘」に暮らす。北海道出身。面倒見がいい。
ユカ
(能登麻美子)
耕太と同じ大学に通う耕太のいとこ。「楓荘」に暮らし他の女の子の面倒を見る。嫉妬深い性格。
ルーシー
(小林 沙苗)
ディクロニウスの少女。養護施設に預けられていたが、角が生えているという容姿からいじめにあい、ベクターを発動し殺害を繰り返していたが、研究所に拘束隔離研究される。しかし偶発的な事故により脱走、鎌倉へ漂着すると耕太・ユカたちと共同生活を送る。
にゅう ルーシーが頭部への襲撃を受けると変化する別人格。「にゅうにゅう」としか言葉を発せず、基本的には幼児程度の知識しかない。
ナナ
(松岡 由貴)
ディクロニウス「7番」の少女。研究所の指示によりルーシーを抹殺するために鎌倉へやってきたが、返り討ちに合う。その後処分される予定だったが、蔵間によって逃がされ再び鎌倉へ漂着し、「楓荘」で共同生活をすることになる。
マユ
(萩原えみこ)
義父により性的虐待を受け、母からも見捨てられ家出した少女。13歳。捨て犬と共に宿無し生活を送っていたが、「楓荘」で共同生活を送ることになる。ナナとはいいコンビ。
ワン太 マユの飼い犬。家出中に由比ガ浜の浜辺で拾う。
蔵間
(細井  治)
国立生態科学研究所所長。研究所ではナナを娘のように溺愛する。私生活では研究所の事故でベクターウイルスに感染、妻との間にできた娘がディクロニウスとして産まれてしまう。
白河
(生天目仁美)
蔵間の秘書。蔵間を慕い忠実に職務をこなす。
如月
(山本麻里安)
蔵間の秘書。東大卒のドジっ娘。ルーシーが脱走する際に殺害される。
角沢長官
(有本 欽隆)
国立生態科学研究所のトップ。自らもディクロニウスとなっており、人類滅亡の野望がある。
角沢教授
(平田 広明)
長官の息子。耕太・ユカが通う大学の教授。元研究所員。
荒川
(石原絵理子)
教授の研究助手。ベクターウイルス用ワクチンを研究する。
研究員
(小原 雅一)
研究所員。忠実に職務をこなし江ノ島での最終決戦にも先頭に立つ。
斎藤
(山本麻里安)
研究所員。マリコの母代わり。
大森
(堀江 一眞)
元・研究員。研究所の事故でベクターウイルスに感染する。
マリコ
(川上とも子)
ディクロニウス「35番」の車椅子の少女。ディクロニウス最強の能力を持つが、正体は死んだ蔵間の実の娘。
3番
(高橋美佳子)
ディクロニウス「3番」の少女。不慮の事故で脱走未遂おきるが、この事件で蔵間や大森がベクターウイルスに感染する。
蔵間ヒロミ
(神田 朱未)
蔵間の亡妻。ディクロニウスとして産まれた娘を夫に殺され、それを理由に自殺する。
耕太の父
(小野 大輔)
耕太の亡父。小学生のころ、鎌倉を訪れた際に殺される。
カナエ
(山本麻里安)
耕太の亡妹。父と共に殺される。
SAT隊長
(小原 雅一)
警視庁特殊急襲部隊隊長。
坂東
(中田 譲治)
SAT隊員。凶暴な性格で人殺しが大好き。しかし、ルーシーに惨敗し両腕と両目を失う。研究所により再生手術が行われ、ルーシーへの復讐を誓う。
佐藤
(武内  健)
SAT隊員。ルーシー捕獲の際に殺される。
隊員A
(奥田 啓人)
SAT隊員。
隊員B
(泰  勇気)
SAT隊員。
狙撃兵
(掛川 公岳)
SAT隊員。
トモオ
(高木 礼子)
ルーシーと同じ養護施設にいた男の子。ルーシーをいじめ、かわいがっていた捨て犬を殺した際にルーシーに殺される。
少女
(下屋 則子)
ルーシーと同じ養護施設にいた女の子。ルーシーと友達になるが、ある嘘をついたことによりルーシーに殺される。
高田 愛子
(山本麻里安)
女子中学生。絵を描くことが好き。ルーシーと友達になるが、ルーシーをかばい狙撃兵に射殺される。
女の子
(山本麻里安)
女子高生。バイトの帰りにルーシーとすれ違う際に殺される。
パン屋の店員
(大坂 史子)
丸七商店街にあるパン屋の女性店員。毎日マユにパンのみみをあげている。
クレープ屋
(飯島  肇)
段葛沿いにあるクレープ屋。ナナを良く思っていない。
学生
(高橋  秀)
耕太・ユカと同じ大学に通う学生。
刑事A
(小島 敏彦)
鎌倉署(?)ベテラン刑事。
刑事B
(渡辺 英雄)
鎌倉署(?)中堅刑事。