立原正秋の作品(その5)
「恋人たち」のシリーズです。
作品名 発行年
恋人たち 1962
はましぎ 1972
.
恋人たち 立原正秋 角川文庫
あらすじ
 中町家の跡取りといわれながらも大学を中退し、一人暮らしをしながら家庭教師で食いつないでいる中町道太郎。彼は一卵性三つ子の長男として生まれ、左翼劇団の劇作家の倫太郎、売春宿を経営する六太郎の二人の弟がいる。彼らはそれぞれを取り巻く女性たちと先の見えない恋愛を繰り返していたが…。

 作品の舞台
 長谷・・・道太郎は行きずりの女と一夜を過ごします。
 鎌倉駅・・・酒場「烏合の衆」が駅裏にあります。
 大町・・・道太郎が住むアパートがあります。
 小町・・・中町周太郎邸があります。
 雪ノ下・・・土方亮一邸があります。
 材木座・・・円道の実家である方眼寺があります。
 和田塚・・・売春宿「ローズハウス」があります。
 瑞泉寺・・・信子は歌会に参加します。
 登場人物
中町道太郎 一卵性双生児の長男。28歳。家庭教師で食いつなぎ不安定な生活を送る青年。
中町倫太郎 一卵性双生児の次男。28歳。左翼劇団「民衆座」の劇作家兼座員。
中町六太郎 一卵性双生児の三男。28歳。売春宿「ローズハウス」の店主。戸籍名は「本村隆一」。
中町周太郎 三兄弟の父。製薬会社社長。
中町 澄子 三兄弟の母。銀座の酒場「ささもと」を経営。元・酒場の女給。旧姓・笹本。
中町 初子 周太郎の後妻。
土方 久子 周太郎の妹。49歳。
土方 亮一 久子の夫。銀行頭取。能芸の庇護者。
土方 典子 亮一の長女。道太郎の恋人。
土方 信子 亮一の次女。
小田切節子 道太郎の元恋人。外交官(細川)宅の女中としてブラジルへ渡航。
務台 多恵 道太郎の愛人。
務台 才蔵 多恵の夫。
務台 一衛 才蔵の末弟の息子。
志馬 円道 道太郎の悪友。方眼寺の跡取り息子。
津村 悠子 倫太郎と同棲中の「民衆座」所属の女優。
敏坊 「ローズハウス」で働く道太郎の中学校の同級生。元・横須賀の女衒。六太郎とは感化院仲間。
順公 「ローズハウス」で働く六太郎の妹分。
ジープの秀 順公の夫。
お敬 敏坊の元恋人。自殺。
奥沢 宗太 酒場「烏合の衆」の店主。60歳。妻は25歳年下。
美佐子 娼婦。「烏合の衆」で尻を振って男を誘惑する。
丹波 尚武 亮一の部下。銀行員。
前原 亮一の前任の頭取。目黒在住。
女中 土方家の女中。35歳。
本村 隆造 六太郎の戸籍上の亡父。事故死。
花田セツ子 「民衆座」の若手女優。
ローズ 「ローズハウス」の娼婦。本名は「あや」。黒い下着を常用するため、「ブラックローズ」と呼ばれる。
チェリイ 「ローズハウス」の娼婦。
シクラメン 「ローズハウス」の娼婦。
フリージャ 「ローズハウス」の娼婦。
スイトピイ 「ローズハウス」の娼婦。
ダリヤ 「ローズハウス」の娼婦。
チュウリップ 「ローズハウス」の娼婦。
ガーベラ 「ローズハウス」の娼婦。
アネモネ 「ローズハウス」の娼婦。
ヒヤシンス 「ローズハウス」の娼婦。
.
はましぎ 立原正秋 角川文庫
あらすじ
 道太郎は、従妹の信子と夫婦になったものの定職につかず収入が安定していなかった。以前彼は「30歳になったら父の会社に勤める」といっていたが、未だ作家になることを諦めていなかったのだ。道太郎の実家からは再三「一緒に暮らさないか」と誘いはあるのだが…。
『恋人たち』の続編となる作品。

 作品の舞台
 御成・・・蒲生常正邸があります。
 由比ガ浜・・・道太郎と信子が暮らすアパートがあります。
 鎌倉駅・・・酒場「烏合の衆が駅裏にあります」。
 雪ノ下・・・土方亮一邸があります。
 長谷・・・六太郎が暮らすアパートがあります。
 銭洗弁財天・・・道太郎と典子が二人で訪ねます。
 佐助・・・規矩江の実家があります。
 源平池・・・道太郎は六太郎と別れた後、源平池を訪ねます。
 登場人物
中町道太郎 一卵性双生児の長男。34歳。無職の青年。小説家志望。
中町倫太郎 一卵性双生児の次男。34歳。左翼劇団「民衆座」の劇作家兼座員。
中町六太郎 一卵性双生児の三男。34歳。売春宿「ローズハウス」の店主。戸籍名は「本村隆一」。
中町周太郎 三兄弟の父。製薬会社社長。
中町 澄子 三兄弟の亡母。銀座の酒場「ささもと」の経営。元・酒場の女給。旧姓・笹本。
中町 初子 周太郎の後妻。三兄弟の義母。
土方 久子 周太郎の妹。49歳。
土方 亮一 久子の夫。銀行頭取。能芸の庇護者。
丹波 典子 亮一の長女。
中町 信子 亮一の次女。道太郎の妻。生田流箏曲教授。旧姓・土方。
土方  聡 亮一の長男。信子・典子の弟。
土方 麗子 聡の妻。
中町 道信 道太郎と信子の子。4歳。
小田切節子 道太郎の元恋人。外交官(細川)宅の女中としてブラジルへ渡航。
務台 多恵 道太郎の愛人。
務台 才蔵 多恵の夫。70歳過ぎ。
志馬 円道 道太郎の悪友。方眼寺の跡取り息子。
細君 円道の妻。
津村 悠子 六太郎の妻。46歳。「民衆座」所属の中堅女優。元・倫太郎の同棲相手。
蒲生つる子 信子の友人。
蒲生 常正 つる子の父。
友田 弓子 倫太郎の恋人。26歳。「民衆座」の売り出し中の女優。
鶴田ケミ子 倫太郎の愛人。32歳。「民衆座」の女優。
花田セツ子 倫太郎の元恋人。
規矩江 道太郎の元愛人。日本橋商家の後妻。
敏坊 「ローズハウス」で働く道太郎の中学校の同級生。元・横須賀の女衒。六太郎とは感化院仲間。
順公 「ローズハウス」で働く六太郎の妹分。
ジープの秀 順公の夫。
奥沢 宗太 酒場「烏合の衆」の店主。60歳。妻は25歳年下。
美佐子 娼婦。「烏合の衆」で尻を振って男を誘惑する。
丹波 尚武 亮一の部下。典子の夫。銀行員。
丹波 亮子 尚武と典子の娘。
女中 土方家の女中。35歳。
本村 隆造 六太郎の戸籍上の亡父。事故死。
花田セツ子 「民衆座」の若手女優。
ローズ 「ローズハウス」の娼婦。本名は「あや」。黒い下着を常用するため、「ブラックローズ」と呼ばれる。
コスモス 「ローズハウス」の娼婦。
サルビア 「ローズハウス」の娼婦。
スイトピイ 「ローズハウス」の娼婦。
チュウリップ 「ローズハウス」の娼婦。
雪江 「ささもと」の女給。
市議会議員 逗子市の市議。
市議の連れの女。近くのバーの雇われママ。
刑事 中年の刑事。
館長 湘南高校図書館長。
桐子 中町家の女中。
手伝い女 務台家のお手伝い。