大倉幕府跡 おおくらばくふあと
 DATA
住  所 雪ノ下3-6-11
拝観時間 特になし
交  通 鎌倉駅東口よりバス 「岐れ道」徒歩5分
H  P
 概 要
 ・この地の旧名となる大倉郷に所在したので「大倉幕府」と呼ばれるが、「大蔵幕府」「大蔵御所」と表記されることも多い。
 ・初代将軍・源頼朝から3代将軍・源実朝の時代となる1180年~1225年に武家政治の中心となった。
 ・頼朝は、当初「亀ヶ谷」にあった父・義朝の旧蹟に邸を構えるつもりだったが、土地が狭いなどの理由から、「大倉」の地を選んだと伝わっている。
 ・現在この地の大部分は、清泉小学校が建っている。
 境内の風景
現在、清泉小学校が建っています。
 舞台となった作品
蝶の約束 花咲かす君
空蝉
鎌倉盛衰記(2)空耳の恋唄 頼家私伝
黄蝶舞う
君の名残を
されこうべ
潮が満ちるとき
双樹

花は咲けども山吹の -大姫と海野幸氏-
平家の封印
あの日見た桜
鎌倉悲恋 北条恋ヶ谷
霧雨有情
袖の淵

竹御所余聞
華の王
1184年のお婿さま-鎌倉に咲いた純愛-
1186年の舞姫-静と義経-
1204年のプラトニック・ラブ-源実朝の妻-