.
 京都鴨川 鴨サブレ
 DATA
名 称 京都鴨川 鴨サブレ
(きょうとかもがわかもさぶれ)
出身地 京都市東山区
モデル アイガモ or マガモ?
通 販
販売元 井筒八ツ橋本舗
 特徴・エピソードなど
 ・以前からネットで「鳩サブレーにそっくり」と騒がれていたサブレ。しかし食べてみると鳩サブレーよりも食感が硬く、後味にどことなく八つ橋の風味があるため(これはあくまでも管理人個人の感想)、容姿以外は全く似ていないことがわかる。 
 ・今までは「鴨サブレ」という商品名だと思っていたが、販売元サイトでは「京都鴨川鴨サブレ」と表記されていたため、当図鑑ではその名称で掲載した。
 オフショット
鳩サブレーと鴨サブレを重ね合わせてみる。これだけの形の違いがあることがわかる。 パッケージは鳩サブレーと同じ黄色だが、こちらの方が色が濃い。

.
 かるがもサブレ
 DATA
名 称 かるがもサブレ(かるがもさぶれ)
出身地 鎌倉市大船→横浜市栄区
モデル カルガモ
通 販 不可
販売元 ポンドール【閉店】
 特徴・エピソードなど
 ・子ガモを2匹連れた母ガモの形をしたサブレ。厚みもあり濃厚な味をしていた。
 ・原材料高騰などの諸事情で2017年5月31日に販売元は閉店している。
 ・閉店2日前に管理人が店を訪ねた時、店頭にいた奥さんから老若男女誰からも好かれるものにするために形を「かるがも」にしたことや、近くの幼稚園から100枚注文を受け徹夜で作ったことなどの思い出話を伺うことができた。
 オフショット
販売元の「ポンドール」。(現在は閉店)
.
 鴨米サブレともえちゃん
 DATA
名 称 鴨米サブレともえちゃん
(かもこめさぶれともえちゃん)
出身地 石川県片山津温泉
モデル トモエガモ
通 販 不可
販売元 ア・ポワン【生産終了】
 特徴・エピソードなど
 ・石川県加賀市にある片野鴨池に飛来するトモエガモを保護するためエサ場となる田んぼを作り、そこでできたお米「鴨米ともえ」を原料に作られた米粉サブレ。
 ・原料が米粉ゆえに市販のサブレ・クッキーよりももろく、衝撃を受ける可能性のある遠距離配送は厳しい。
 ・一枚一枚何パターンかの喜怒哀楽の表情を持っている。
 ・現在は鴨米を作っている農家との契約も終了し、サブレ自体の生産も終了した。
 オフショット
原料の一つ「鴨米ともえ」。