鎌倉が舞台の映画
スクリーンの中にも鎌倉が出てきます。
現在作品掲載
上映日 映画タイトル 製作・配給 原作・監督 主な出演俳優・鎌倉が出てくるシーン
1910/10/01 鎌倉百鬼殿(鎌倉怪鬼殿) 日活京都
尾上松之助・嵐 橘楽・大谷鬼若
※無声映画
1917/05/11 鎌倉山 吉沢商店
中川左喜之助
※無声映画
1920/11/19 アマチュア倶楽部 大活 谷崎潤一郎
監督:栗原喜三郎
葉山三千子・上野久夫・高橋英一・杉浦市郎・竹村信雄
※三浦邸が扇ヶ谷
1926/05/06 地蔵教由来 大東京 久米正雄
『地蔵教由来』
監督:深川ひさし
金井謹之助・高堂国典・永田恒雄・香川 遼・稲垣 浩
※無声映画の今作品を撮影したのは常楽寺
1930/03/01 朗らかに歩め 松竹キネマ
蒲田

監督:小津安二郎
高田 稔・川崎弘子・吉谷久雄・伊達里子・毛利輝夫
※謙二とやす江がピクニックに行ったのは高徳院
1933/07/13 ナンセンス怪談 鎌倉奇聞 大都映画 野田 将
監督:吉村 操
片桐敏朗・琴路美津子・佐田豊彦
※無声映画
1935/08/29 真白き富士の根 松竹キネマ
蒲田
伏見 晁
監督:佐々木康
及川道子・本郷秀雄・水島光代・河村黎吉・花村千恵松
※ボート遭難事故がおこったのは七里ヶ浜沖
1939/12/01 暖流 松竹 岸田國士
『暖流』
監督:吉村公三郎
佐分利信・水戸光子・徳大寺伸・高峰三枝子・藤野秀夫
※志摩家の別荘が鎌倉山
1942/04/01 父ありき 松竹
監督:小津安二郎
笠 智衆・佐野周二・水戸光子・佐分利信・津田晴彦
※周平が勤める中学校の修学旅行先が高徳院
1948/12/23 四人目の淑女 松竹京都
監督:渋谷 実
上原 謙・濱田百合子・三浦光子・月丘夢路・木暮實千代
※孝子が経営するナイトクラブが鎌倉
1949/09/13 晩春 松竹大船 広津和郎
『父と娘』
監督:小津安二郎
原 節子・笠 智衆・月丘夢路・杉村春子・三宅邦子
※曽宮宅が北鎌倉
1949/10/16 痴人の愛 大映京都 谷崎潤一郎
『痴人の愛』
監督:木村恵吾
宇野重吉・京マチ子・森 雅之・島崎 溌・三井弘次
※譲治とナオミは鎌倉の植木屋に一間を借りる
1950/04/02 妻と女記者 新東宝
藤本プロ

監督:千葉泰樹
伊豆 肇・山根寿子・菅井一郎・瀧花久子・角梨枝子
※矢代邸が鎌倉
1950/11/25 帰郷 松竹大船 大佛次郎
『帰郷』
監督:大庭秀雄
佐分利信・津島恵子・木暮実千代・徳大寺伸・柳永二郎
※牛木元海軍大佐邸が鎌倉
1951/03/21 我が家は楽し 松竹大船
監督:中村 登
笠 智衆・山田五十鈴・高峰秀子・岸 恵子・岡本克政
※三郎が療養する療養所が七里ヶ浜
1951/08/17 舞姫 東宝 川端康成
『舞姫』
監督:成瀬巳喜男
山村 聰・高峰三枝子・片山明彦・田中茉莉子・二本柳寛
※波子が経営するバレエ教室が和田塚
1951/08/31 純白の夜 松竹 三島由紀夫
『純白の夜』
監督:大庭秀雄
河津清三郎・木暮実千代・森 雅之・信 欣三・津島恵子
※楠が郁子を誘い出したのは鎌倉
1951/10/03 麦秋 松竹大船
監督:小津安二郎
原 節子・笠 智衆・淡島千景・三宅邦子・佐野周二
※間宮宅が北鎌倉
1952/06/25 息子の青春 松竹大船
シスター

監督:小林正樹
北 龍二・三宅邦子・石浜 朗・藤原元二・笠 智衆
※晴彦とたみ子が待ち合わせをするのが鎌倉駅
1952/07/10 続・チャッカリ夫人とウッカリ夫人 新東宝
監督:渡辺邦男
田崎 潤・轟夕起子・田中春男・折原啓子・暁テル子
※良子が働いた夏期売店が鎌倉
1953/01/15 親分の青春 東宝
東京映画
林 房雄
『鑵詰結婚事件』
監督:村田武雄
二本柳寛・清川虹子・木匠マユリ・加藤春哉・徳川無声
※越智先生宅が鎌倉
1953/01/15 千羽鶴 大映京都 川端康成
『千羽鶴』
監督:吉村公三郎
木暮美千代・乙羽信子・木村三津子・杉村春子・森 雅之
※円覚寺の茶会で菊治が太田夫人と出会う
1953/02/05 妻の青春 松竹大船
シスター
林 房雄
『妻の青春』
監督:山本浩三
北 龍二・三宅邦子・磯貝元男・藤原元二・小園蓉子
※越智英夫邸が鎌倉
1953/06/24 母の誕生日 松竹大船
監督:萩原徳三
吉川満子・増田順三・文谷千代子・千秋みつる・桜むつ子
※有田家が鎌倉
1953/07/29 旅路 松竹大船 大佛次郎
『旅路』
監督:中村 登
笠 智衆・岸 恵子・佐田啓二・若原雅夫・日守新一
※岡本素六邸が鎌倉
1953/08/05 きんぴら先生とお嬢さん 松竹大船 鳴山草平
『きんぴら先生』
『お嬢さん』
監督:野村芳太郎
高橋貞二・大坂志郎・日守新一・伊沢一郎・淡島千景
※金平が勤める学校の修学旅行先が鎌倉
1953/08/05 白魚 東宝 真船 豊
『白魚』
監督:熊谷久虎
原 節子・岡田茉莉子・設楽幸嗣・上原 謙・伊藤雄之助
※富士山へ行こうとする香山を幸子が止めるのは大船駅
1954/01/15 山の音 東宝 川端康成
『山の音』
監督:成瀬巳喜男
原 節子・山村 聡・上原 謙・長岡輝子・杉 葉子
※尾形宅が鎌倉
1954/01/21 今宵誓いぬ 新東宝 大林 清
『今宵誓いぬ』
監督:田中重雄
若原雅夫・千田是也・英百合子・高峰三枝子・南寿美子
※愛娘を鎌倉に残し、龍一は赤倉温泉に単身赴任
1954/03/13 或る女 大映東京 有島武郎
『或る女』
監督:豊田四郎
京マチ子・夏川静江・馬淵なほみ・若尾文子・芥川比呂志
※葉子が嫁いだ木部邸が鎌倉
1954/08/04 真白き富士の嶺 大映東京
監督:佐伯幸三
北原義郎・林 成年・入江洋佑・江原達治・沢村美智子
※ボート遭難事故がおこったのは七里ヶ浜沖
1954/12/14 孝子五郎正宗 東映東京
監督:小林恒夫
山手 弘・神田 隆・宮城千賀子・伊東 隆・日野明子
※五郎が毎朝祈願するのが鶴岡八幡宮
1954/12/29 春の渦巻 大映東京 小糸のぶ
『春の渦巻』
監督:枝川 弘
京マチ子・菅原謙二・南田洋子・志村 喬・三宅邦子
※亜矢子のアトリエが鎌倉
1955/03/08 泉へのみち 東宝 広津和郎
『坊ちゃん社員 前篇』
監督:筧 正典
有馬稲子・高峰三枝子・根上 淳・藤木 悠・宮口精二
※京子が高倉と会ったのは近代美術館
1955/05/15 うちのおばあちゃん 日活 内村直也
『うちのおばあちゃん』
監督:春原政久
田村秋子・佐野周二・北原三枝・牧 真介・島田文子
※集団見合いが行われたのは鶴岡八幡宮
1955/07/19 第二の恋人 松竹大船 井上 靖
『オリーブ地帯』
監督:田畠恒男
菅佐原英一・草笛光子・大木 実・紙 京子・斉藤達雄
※家出をした京子は鎌倉にある椎葉の叔母の家で世話になる
1955/09/28 柔道開眼 松竹大船 秋永芳郎
『柔道開眼』
監督:岩間鶴夫
菅佐原英一・北林谷栄・市川小太夫・伊沢一郎・宮城野由美子
※横川は五郎を鎌倉の古寺に預ける
1955/12/06 胸より胸に 松竹 高見 順
『胸より胸に』
監督:家代巳代治
有馬稲子・大木 実・冨田浩太郎・下元 勉・山本和子
※日下邸、波多野邸が北鎌倉
1956/01/15 新・平家物語
義仲をめぐる三人の女
大映 吉川英治
『新・平家物語』
監督:衣笠貞之助
長谷川一夫・京マチ子・山本富士子・高峰秀子・進藤英太郎
※義高が人質として連れていかれたのは鎌倉
1956/02/26 暗黒街 東宝
監督:山本嘉次郎
鶴田浩二・三船敏郎・志村 喬・杉山昌三九・小泉 博
※庄司は弓子を車で鎌倉へ送る
1956/07/12 狂った果実 日活 石原慎太郎
『狂った果実』
監督:中平 康
石原裕次郎・津川雅彦・北原三枝・岡田真澄
※主人公宅が鎌倉
1956/10/17 曽我兄弟 富士の夜襲 東映京都
監督:佐々木康
東千代之介・中村錦之助・高千穂ひづる・三笠博子・花柳小菊
※処刑の命を受け曽我兄弟は由比ヶ浜に引き立てられる
1956/11/07 愛は降る星のかなたに 日活
監督:斉藤武市
森 雅之・山根寿子・浅丘ルリ子・香月美奈子・小薗蓉子
※坂崎とスパイの接近シーンが鶴岡八幡宮
1956/11/13 乳母車 日活 石坂洋次郎
『乳母車』
監督:田坂具隆
宇野重吉・山根寿子・石原裕次郎・芦川いづみ・新珠三千代
※桑原邸が材木座
1956/11/28 新・平家物語
静と義経
大映 吉川英治
『新・平家物語』
監督:島 耕二
淡島千景・菅原謙二・香川京子・船越英二・勝新太郎
※静が舞ったのは鶴岡八幡宮の舞殿
1957/01/03 忘却の花びら 東宝 菊田一夫
『忘却の花びら』
監督:杉江敏男
池部 良・小泉 博・草笛光子・司 葉子・志村 喬
※藤崎克巳邸が鎌倉
1957/02/28 黄色いからす 松竹 -
監督:五所平之助
淡島千景・伊藤雄之助・田中絹代・久我美子
※吉田宅、鎌倉彫の博古堂が鎌倉
1957/03/13 「朝雲暮雲」より
野武士と女
松竹 中山義秀
『朝雲暮雲』
監督:酒井辰雄
高橋貞二・高峰三枝子・名和 宏・島崎雪子・徳川無声
※彦作とタカは鎌倉にいる市女を訪ねる
1957/09/15 夕凪 東宝
監督:豊田四郎
淡島千景・若尾文子・志村 喬・池部 良・千石規子
※凉子と康介が出会ったのは高徳院
1957/10/29 美徳のよろめき 日活 三島由紀夫
『美徳のよろめき』
監督:中平 康
月丘夢路・三國連太郎・青砥方比呂・葉山良二・宮城千賀子
※節子宅が鎌倉
1958/04/15 東京の休日 東宝
監督:山本嘉次郎
山口淑子・沢村いき雄・三好栄子・小杉義男・出雲八重子
※バスガイドがダンスをするのが鶴岡八幡宮
1958/05/05 青空よいつまでも 松竹大船
監督:川頭義郎
石浜 朗・朝丘雪路・藤原釜足・岸 輝子・田村高廣
※敏次とフミ子は日曜日に鎌倉へ遊びに行く
1958/07/22 東京のバスガール 日活
監督:春原政久
美多川光子・コロンビア・ローズ・石丘伸吾・内海突破
※笹川がミネ子にプロポーズをするのが鶴岡八幡宮
1958/10/01 日蓮と蒙古大襲来 大映
監督:渡辺邦男
長谷川一夫・市川雷蔵・勝新太郎・林 成年・梅若正二
※日蓮が庵を結んだのが鎌倉
1958/11/08 侠艶小判鮫(前後篇) 新東宝
監督:中川信夫
嵐寛寿郎・宇治みさ子・中村竜三郎・江川宇禮雄・大谷友彦
※柳沢美濃守は鎌倉の洞窟に500万両を隠す
1958/11/11 点と線 東映東京 松本清張
『点と線』
監督:小林恒夫
南  廣・山形 勲・高峰三枝子・加藤 嘉・志村 喬
※安田辰郎宅が極楽寺
1959/03/10 結婚の夜 東宝 円地文子
『黒髪変化』
監督:筧 正典
安西郷子・小泉 博・一の宮あつ子・塩沢とき・環三千世
※敦夫と恵美子が見合いをしたのは鶴岡八幡宮
1959/06/09 紅顔の密使 東映京都 千葉省三
『陸奥の嵐』
監督:加藤 泰
大川橋蔵・一条珠実・故里やよい・田崎 潤・中村時之介
※武磨と狭霧は安濃津から鎌倉へ向かう
1959/08/19 川向うの白い道 大映東京 白川 渥
『川向うの白い道』
監督:田中重雄
川崎敬三・野添ひとみ・笠 智衆・穂高のり子・金田一敦子
※辻村が理事を務める「千種学園」が鎌倉
1959/08/23 体当りすれすれ娘 松竹大船
監督:穂積利昌
九条映子・有沢正子・中 圭子・伊藤雄之助・浅茅しのぶ
※鎌倉カーニバルの最中、カバンの盗難事件がおこる
1960/04/17 痴人の愛 大映東京 谷崎潤一郎
『痴人の愛』
監督:木村恵吾
船越英二・叶 順子・田宮二郎・川崎敬三・石井竜一
※譲治はナオミの頼みで鎌倉に離れを借りる
1960/06/25 密航0ライン 日活
監督:鈴木清順
長門裕之・清水まゆみ・小高雄二・中原早苗・永井智雄
※鎌倉の「杉江病院」が麻薬の出所
1960/10/05 遥かなる母の顔 東映東京 大林 清
監督:小石栄一
伊藤雄之助・木暮実千代・植木千恵・佐久間良子・成瀬昌彦
※海野一家は千枝子を鎌倉の海岸へヨット遊びに連れていく
1961/01/09 べらんめぇ芸者罷り通る 東映東京
監督:小石栄一
美空ひばり・高倉 健・浪花千栄子・星美智子・小宮光江
※アジバ6世と花村が訪れた鎌倉に芸者の小春が姿を現す
1962/05/13 源九郎義経 東映京都
監督:松田定次
北大路欣也・伊藤雄之助・原田甲子郎・平幹二朗・鈴木金哉
※頼朝がいる幕府が鎌倉
1962/09/22 機動捜査班 東京暴力地図 日活
監督:小杉 勇
青山恭二・宮崎 準・花村典昌・長尾敏之助・東郷秀美
※勝又と健がチンピラにヤキを入れたのは鎌倉の海岸
1963/04/01 天国と地獄 東宝
監督:黒澤 明
三船敏郎・仲代達矢・山崎 努・香川京子・三橋達也
※共犯者の家を刑事と子供が探すのは七里ガ浜・腰越
1965/02/28 美しさと哀しみと 松竹大船 川端康成
『美しさと哀しみと』
監督:篠田正浩
山村 聰・渡辺美佐子・山本 圭・加賀まりこ・八千草薫
※大木宅が北鎌倉
1966/01/25 女の中にいる他人 東宝 エドワード・アタイヤ
『細い線』
監督:成瀬巳喜男
小林桂樹・新珠三千代・三橋達也・若林映子・草笛光子
※田代邸や杉本邸が鎌倉
1966/11/26 女の賭場 大映
監督:田中重雄
江波杏子・水原浩一・酒井 修・川津祐介・渡辺文雄
※侠勇会初代追善法要が行われたのは鎌倉
1966/12/03 おゆきさん 日活 塩田良平
『おゆきさん』
監督:鍛冶 昇
和泉雅子・笠 智衆・小夜福子・松尾嘉代・新 克利
※おゆきが壺をとどけたのは円覚寺
1967/04/29 春日和 松竹 菊島隆三
『春日和』
監督:大庭秀雄
岩下志麻・栗塚 旭・山形 勲・加藤治子・左 幸子
※泰子とその母・みつ子の家が鎌倉
1967/05/13 情炎 松竹 立原正秋
『白い罌粟』
監督:吉田喜重
岡田茉莉子・南 美江・菅野忠彦・木村 功・高橋悦史
※古畑邸が鎌倉
1967/09/30 育ちざかり 東宝
監督:森谷司郎
三宅邦子・十朱幸代・内藤洋子・黒沢年男・村松英子
※大内邸が鎌倉
1968/01/31 眠れる美女 松竹 川端康成
『眠れる美女』
監督:吉村公三郎
田村高廣・山岡久乃・八木昌子・香山美子・松岡きっこ
※老作家・江口邸が鎌倉
1968/07/20 虹の中のレモン 松竹
監督:斉藤耕一
竹脇無我・加東大介・尾崎奈々・美川陽一郎・沢村貞子
※前田剛造邸が鎌倉
1969/01/25 日も月も 松竹 川端康成
『日も月も』
監督:中村 登
森 雅之・久我美子・岩下志麻・中山 仁・石坂浩二
※朝井邸が鎌倉
1969/04/19 千羽鶴 大映 川端康成
『千羽鶴』
監督:増村保造
平幹二朗・若尾文子・梓 英子・京マチ子・船越英二
※円覚寺の茶会で菊治が太田夫人と出会う
1969/10/29 わが恋わが歌 松竹
監督:中村 登
中村勘三郎・岩下志麻・八千草薫・中村賀津雄・竹脇無我
※病床の秀雄を見舞いに来るのは鎌倉アカデミアの卒業生
1971/10/30 喜劇 花嫁戦争 松竹
監督:斉藤耕一
和田アキ子・武原英子・原田大二郎・古今亭志ん朝・角梨枝子
※鎌倉の里見家で秋子がお手伝いさんをする
1971/11/20 悪名尼 大映東京
監督:田中重雄
八並映子・小峯美栄子・文野朋子・園かおる・桜井浩子
※脱獄したミカが逃げ込むのが鎌倉の尼寺
1972/03/29 辻が花 松竹 立原正秋
『辻が花』
監督:中村 登
岩下志麻・佐野 守・中村玉緒・宝生あやこ
※静子が経営する呉服屋が鎌倉
1972/04/15 剣と花 松竹 立原正秋
『剣と花』
監督:舛田利雄
渡 哲也・新藤恵美・森 雅之・加藤治子・赤座美代子
※石津邸が鎌倉 (撮影場所として使われたのは古我邸)
1974/03/30 しあわせの一番星 松竹
監督:山根成之
浅田美代子・西城秀樹・山形 勲・篠ヒロコ・津坂匡章
※美代子の下宿先が鎌倉
1974/08/14 日活
監督:藤田敏八
秋吉久美子・林 隆三・吉田由貴子・吉田日出子・伊丹十三
※いづみが経営するブティックがあるのが鎌倉
1974/12/21 ザ・ヤクザ ワーナー
ブラザース
映画

監督:シドニー・ポラック
ブライアン・キース・ロバート・ミッチャム・高倉 健・岸 恵子
※ハリーと健は鎌倉の古寺に監禁されるタナーの娘を救出
1975/09/20 鎌倉夫人 童貞倶楽部 日活
監督:林  功
宮下順子・小松方正・浜口竜哉・村国守平・吉井亜樹子
※野々宮邸・常在寺が鎌倉
1975/11/01 はつ恋 東宝
監督:小谷承靖
仁科明子・井上純一・南風洋子・二谷英明・原ひさ子
※一彦が鎌倉の別荘でひと夏の恋を経験
1978/01/21 四畳半・猥褻な情事 にっかつ
監督:藤井克彦
志麻いづみ・宮下順子・浜口竜哉・大河内稔・青山恭子
※貴子の茶道の師匠・令子宅が鎌倉
1978/03/04 さすらいの恋人
-眩暈-
日活
監督:小沼 勝
北見敏之・小川 恵・高橋 明・飛鳥裕子・吉川遊土
※北岡と京子が白黒ショーを見たのは北鎌倉
1978/10/28 赤穂城断絶 東映
監督:深作欣二
萬屋錦之介・千葉真一・峰岸 徹・松方弘樹・金子信雄
※大石内蔵助は山科を出て鎌倉に寄り江戸へ向かう
1979/01/20 悪魔が来りて笛を吹く 東映 横溝正史
悪魔が来りて笛を吹く
監督:斉藤光正
西田敏行・夏八木勲・斉藤とも子・仲谷 昇・鰐淵晴子
※椿家の別荘が鎌倉
1979/03/10 日蓮 松竹 川口松太郎
『日蓮』
監督:中村 登
萬屋錦之介・伊藤洋一む・田村高廣・岸田今日子・中村嘉葎雄
※善日丸が禅の修行をするのが寿福寺
1979/08/18 十八歳、海へ にっかつ 中上健次
『十八歳、海へ』
監督:藤田敏八
永島敏行・森下愛子・小林 薫・島村佳江・鈴木瑞穂
※英介と悠が入水心中するのは材木座
1980/03/15 ナオミ 東映 谷崎潤一郎
『痴人の愛』
監督:高林陽一
水原ゆう紀・斉藤 真・光田昌弘・平泉 征・平野克己
※譲治とナオミが鎌倉に家を買う
1980/04/01 ツィゴイネルワイゼン リトルモア
監督:鈴木清順
原田芳雄・大谷直子・大楠道代・藤田敏八・麿 赤児
※青地と甘木が話をしたのは喫茶ミルクホール
1981/08/21 陽炎座 日本
ヘラルド
泉 鏡花
『陽炎座』
監督:鈴木清順
松田優作・大楠道代・加賀まりこ・楠田枝里子・大友柳太朗
※松崎が探し物をするのが琴弾橋
1982/08/07 男はつらいよ
寅次郎あじさいの恋
松竹
監督:山田洋次
渥美 清・倍賞千恵子・いしだあゆみ・柄本 明・前田 吟
※かがりと寅次郎が成就院でデート
1982/12/18 ウィーン物語
ジェミニ・YとS
東宝
監督:河崎義祐
田原俊彦・野村義男・近藤真彦・山村 聰・津島恵子
※綾子は鎌倉で悲しい最期を遂げる
1983/02/25 団鬼六 蛇の穴 日活 団鬼六
『蛇の穴』
監督:藤井克彦
志麻いづみ・花 真衣・水木 薫・中原 潤・松井美世子
※紫雨子が暮らす旧家が鎌倉
1983/03/12 東映
セントラル
フィルム
谷崎潤一郎
『卍』
監督:横山博人
樋口可南子・高瀬春奈・鹿内 孝・高月 忠・中島ゆたか
※光子と園子がデートをしたのが鎌倉
1983/05/00 淫蕩鎌倉夫人 大蔵映画
監督:沢 賢介
小島マリ・成瀬新葉・浦野あすか
※成人映画
1984/05/25 愛欲の日々 エクスタシー にっかつ
監督:磯村一路
小川より子・下元史朗・岡本達哉・よしのまこと・大杉 漣
※徹と恵美子が出会ったのが北鎌倉駅
1985/02/09 ユー・ガッタ・チャンス 東宝
監督:大森一樹
吉川晃司・浅野ゆう子・柴 俊夫・宍戸 錠・原田芳雄
※裕司が訪ねた合田達郎邸が鎌倉
1985/03/09 ボビーに首ったけ 東映 片岡義男
『ボビーに首ったけ』
監督:平田敏夫
野村宏伸・根津甚八・村田博美・塚本信夫・清水マユミ
※野村宅が鎌倉
1985/09/14 早春物語 東宝 赤川次郎
『早春物語』
監督:澤井信一郎
原田知世・林 隆三・田中邦衛・平幹二朗・仙道敦子
※瞳や梶川が歩きまわるのは七里ガ浜・極楽寺・西御門
1985/09/14 ひとひらの雪 東映 渡辺淳一
『ひとひらの雪』
監督:根岸吉太郎
秋吉久美子・津川雅彦・沖 直美・岩本千春・木内みどり
※高村章太郎邸が鎌倉
1987/01/24 瀬戸内少年野球団・青春篇
最後の楽園
日本ヘラルド 阿久 悠
『最後の楽園
長篇小説』
監督:三村春彦
田原俊彦・鷲尾いさ子・黒崎 輝・佐藤浩市・中村久美
※壮介が訪ねた二宮菜木の家が鎌倉
1987/04/25 湘南爆走族 東映 吉田 聡
『湘南爆走族』
監督:山田大樹
江口洋介・織田裕二・我王銀次・清水美砂・杉浦 幸
※洋助や晃が利用しているのは鎌倉高校前駅
1987/05/09 親鸞 白い道 松竹 三國連太郎
『親鸞 白い道』
監督:三國連太郎
森山潤久・大楠道代・泉谷しげる・三國連太郎・若山富三郎
※鶴岡八幡宮での実朝暗殺により、念仏教止令が発令
1987/06/14 Blue 鎌倉海岸女子高生心中事件
監督:佐藤みつひろ
明珍順子・一ノ瀬桃子
1987/10/31 おれは男だ! 完結編 松竹 津雲むつみ
『おれは男だ!』
監督:石山昭信
森田健作・有藤実花・田中久美・京本政樹・長門裕之
※弘二の母校「青葉高校」が鎌倉
1989/06/17 東京画
(ドキュメンタリー)
フランス
映画社
監督:ヴィム・ヴェンダース ヴィム・ヴェンダース・笠 智衆・厚田雄春
※ヴィムが円覚寺の小津安二郎の墓へ向かう
1990/09/08 稲村ジェーン 東宝
監督:桑田佳祐
加勢大周・金山一彦・的場浩司・清水美砂・草刈正雄
※昭和40年の稲村ガ崎が舞台
1991/02/02 フィレンツェの風に抱かれて 東映
監督:和泉聖治
若村麻由美・石黒 賢・水野久美・布施 博・仲代達矢
※小泉久美子宅が鎌倉
1991/03/21 喪の仕事 アルゴ
プロジェクト

監督:君塚 匠
永瀬正敏・田村翔子・藤井かほり・中村嘉葎雄・田中邦衛
※望月の葬儀が行われたのは鎌倉
1991/05/18 おいしい結婚 東宝
監督:森田芳光
三田佳子・斉藤由貴・唐沢寿明・田中邦衛・小林稔侍
※保やのんたちがお参りしたのは銭洗弁財天
1991/09/14 老人Z
(アニメ)
バビット
監督:北久保弘之
声:横山智佐・松村彦次郎・小川真司・近石真介・佐藤智恵
※Zは喜十朗とハルの想い出の地・鎌倉へ移動
1993/11/06 高校教師 東宝
監督:吉田 健
唐沢寿明・遠山景織子・鈴木杏樹・菊池孝典・荻野目慶子
※繭が通うのは鎌倉敬和女学院
1994/12/23 男はつらいよ
拝啓車寅次郎様
松竹
監督:山田洋次
渥美 清・倍賞千恵子・かたせ梨乃・吉岡秀隆・牧瀬里穂
※典子の家が鎌倉
1995/10/14 眠れる美女 ユーロ
スペース
川端康成
『眠れる美女』
『山の音』
監督:横山博人
原田芳雄・大西結花・吉行和子・福田善之・鰐淵晴子
※由夫が過ごす「館」があるのは鎌倉
1997/05/10 失楽園 東映 渡辺淳一
『失楽園』
監督:森田芳光
役所広司・黒木 瞳・星野知子・柴 俊夫・寺尾 聰
※久木と凛子の最初の浮気の旅行は鎌倉プリンスホテル
1998/11/14 時雨の記 東映 中里恒子
『時雨の記』
監督:澤井信一郎
吉永小百合・渡 哲也・林 隆三・佐藤友美・岩崎加根子
※多江の家が北鎌倉
1999/03/06 avec mon mari 武藤起一
事務所

監督:大谷健太郎
小林宏史・板谷由夏・大杉 漣・辻香織里・大谷健太郎
※中崎の別宅兼アトリエが雪ノ下
2000/12/02 三文役者 近代映画協会
東京テアトル

監督:新藤兼人
竹中直人・荻野目慶子・吉田日出子・乙羽信子・広岡由里子
※泰司の内縁の妻が住むのは鎌倉
2002/01/26 ナリタ、私の裸の王様
(ドキュメンタリー)
映画
美学校

監督:藤本美津子
藤本美津子
※美津子の家が鎌倉
2002/07/20 ピンポン アスミック
エース
松本大洋
『ピンポン』
監督:曽利文彦
窪塚洋介・ARATA・サム・リー・中村獅童・大倉孝二
※ペコたちが通う高校が七里ヶ浜
2002/10/12 木曜組曲 シネカノン 恩田 陸
『木曜組曲』
監督:篠原哲雄
鈴木京香・原田美枝子・富田靖子・西田尚美・竹中直人
※つかさが古書店で本を探すのが小町通り
2003/01/25 ラヴァーズ・キス 東宝 吉田秋生
『ラヴァーズ・キス』
監督:及川 中
平山 綾・宮崎あおい・石垣佑磨・成宮寛貴・市川日実子
※舞台の大半が鎌倉
2003/03/15 青の炎 東宝 貴志祐介
『青の炎』
監督:蜷川幸雄
二宮和也・松浦亜弥・鈴木 杏・秋吉久美子・山本寛斎
※秀一の通学シーンが鎌倉
2003/12/13 精霊流し 東北新社 さだまさし
『精霊流し』
監督:田中光敏
内田朝陽・池内博之・酒井美紀・高島礼子・松坂慶子
※節子が嫁いだのは鎌倉
2004/03/13 花とアリス 東宝
監督:岩井俊二
鈴木 杏・蒼井 優・相田翔子・阿部 寛・平泉 成
※アリスと父がトランプをするのが源平池
2005/08/13 サヨナラ COLOR ザジ
フィルムズ

監督:竹中直人
竹中直人・原田知世・段田安則・中島唱子・中島みゆき
※正平が勤務する病院が鎌倉
2005/09/10 ライフ・オン・ザ・ロングボード オフィスキタ
監督:喜多一郎
大杉 漣・大多月乃・小栗 旬・西村知美・勝野 洋
※一雄の実家が鎌倉
2005/11/05 鏡地獄 アルバトロス
フィルム
江戸川乱歩
『鏡地獄』
監督:実相寺昭雄
浅野忠信・成宮寛貴・小川はるみ・吉行由実・大家由祐子
※文代が療養しているのが鎌倉
2006/06/17 タイヨウのうた 松竹
監督:小泉徳宏
YUI・塚本高史・麻木久仁子・岸谷五朗・山崎 一
※YUIがストリートライブをするのが鎌倉駅西口
2007/06/16 きみにしか聞こえない ザナドゥー 乙一
『きみにしか聞こえない』
監督:荻島達也
成海璃子・小出恵介・片瀬那奈・石川伸一郎・高田延彦
※シンヤが故郷の鎌倉にリョウを誘う
2008/10/18 真木栗ノ穴 ビターズ
エンド
山本亜紀子
『穴』
監督:深川栄洋
西島秀俊・粟田 麗・木下あゆ美・北村有起哉・キムラ緑子
※真木栗が暮らすアパートが鎌倉
2009/01/10 禅 ZEN 角川映画
監督:高橋伴明
中村勘太郎・内田有紀・てい龍進・高良健吾・藤原竜也
※道元は寂円と共に時頼がいる鎌倉へ向かう
2009/10/24 僕の初恋をキミに捧ぐ 東宝 青木琴美
『僕の初恋を
キミに捧ぐ』
監督:新城毅彦
井上真央・岡田将生・杉本哲太・森口瑤子・仲村トオル
※繭がクローバーの神様の話をするのは衣張山
2010/02/20 人間失格 角川映画 太宰 治
『人間失格』
監督:荒戸源次郎
生田斗真・伊勢谷友介・寺島しのぶ・石原さとみ・小池栄子
※葉蔵と常子が心中したのは鎌倉
2010/12/11 ノルウェイの森 東宝 村上春樹
『ノルウェイの森』
監督:
トラン・アン・ユン
松山ケンイチ・菊地凛子・水原希子・高良健吾・玉山鉄二
※ワタナベと直子が再会したのは近代美術館
2010/12/25 Livespire ムサシ ソニー 井上ひさし
演出:蜷川幸雄
藤原竜也・勝地 涼・鈴木 杏・六平直政・白石加代子
※武蔵と小次郎が再会したのは佐助ヶ谷
2011/01/29 白夜行 ギャガ 東野圭吾
『白夜行』
監督:深川栄洋
堀北真希・高良健吾・船越英一郎・戸田恵子・田中哲司
※篠塚邸として撮影されたのは華頂宮邸
2011/03/26 紙風船 東京芸術大学 岸田國士
『紙風船』
監督:秋野翔一
仲村トオル・緒川たまき
※夫婦が旅をするのが鎌倉
2011/09/23 セカンド・バージン 松竹 大石 静
監督:黒崎 博
鈴木京香・長谷川博己・深田恭子・田丸麻紀
※鈴木万里江宅が鎌倉
2012/05/12 一遍上人 カエルカフェ
監督:秋原北胤
ウド鈴木・宮下今日子・玉置成実・橘 美緒・吉田達也
※一遍が教えを伝えに来たのが鎌倉
2012/05/28 さぁ のはらへいこう
青空自主保育の三年間
記録社
監督:桐野直子
「青空自主保育なかよし会」の方々
※「青空自主保育なかよし会」があるのが鎌倉
2012/11/10 ねらわれた学園
(アニメ)
松竹 眉村 卓
『ねらわれた学園』
監督:中村亮介
声:本城雄太郎・渡辺麻友・小野大輔・花澤香菜・戸松 遥
※ナツキたちが通う中学校が鎌倉
2013/03/23 湘南ものがたり シネアスト
監督:葉山陽一郎
磯部 弘・柴山智加・伊藤浩二・青木さなえ・前田晴美
※光弘の故郷が鎌倉
2013/04/13 舟を編む 松竹
アスミック
エース
三浦しをん
『舟を編む』
監督:石井裕也
松田龍平・宮崎あおい・オダギリジョー・黒木 華・渡辺美佐子
※光也と香具矢が訪ねた家は二階堂
2013/06/09 力俥-RIKISHA-
鎌倉純愛編
「力俥」
製作委員会

監督:アベユーイチ
関 智一・土屋太鳳・月船さらら・岡崎 聖・増山千春
※俥夫の凛太郎が円花を乗せ円覚寺から市内を巡る
2013/08/10 江ノ島プリズム ビデオ
プランニング

監督:吉田康弘
福士蒼汰・野村周平・本田 翼・未来穂香・吉田 羊
※修太のタイムトラベルの入口は極楽寺トンネル
2013/11/01 瞳をとじて シネアスト アンドレ・ジッド
『田園交響楽』
監督:葉山陽一郎
萩原流行・福地亜紗美・前川紘毅・岩井七世・武藤令子
※智明が更生活動を行うのは鎌倉
2014/02/08 ニシノユキヒコの恋と冒険 東宝 川上弘美
『ニシノユキヒコの
恋と冒険』
監督:井口奈己
竹野内豊・麻生久美子・尾野真千子・木村文乃・成海璃子
※ユキヒコが自分の葬式に向かうため乗るのが江ノ電
2014/11/07 寄り添う 原生林
監督:藤井道人
清野菜名・小林龍二・近藤愛澄
※加奈子とケイが行ったのは鎌倉の海
2015/02/14 テラスハウス
クロージング・ドア
東宝
監督:前田真人
菅谷哲也・小田部仁・吉野圭佑・島袋聖南・松川佑依子
※ドライブシーンは国道134号線
2015/05/16 駈込み女と駆出し男 松竹 原案:井上ひさし
『東慶寺花だより』
監督:原田眞人
大泉 洋・戸田恵梨香・満島ひかり・陽月 華・内山理名
※舞台が東慶寺と門前の御用宿
2015/06/13 海街diary 東宝 吉田秋生
『海街diary』
監督:是枝裕和
綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すず・風吹ジュン
※香田四姉妹宅が極楽寺
2015/09/12 ガールズステップ 東映 宇山圭佑
『ガールズステップ』
監督:川村泰祐
石井杏奈・小芝風花・小野花梨・秋月三佳・塚本高史
※あずさたちが通う高校が七里ガ浜
2015/12/12 サンセットドライブ ㈱XP
監督:樋本 淳
佐伯日菜子・小林 敬・樋本 涼・樋本 楓
※父と息子が2人だけで過ごす一週間が鎌倉の風景
2016/07/29 シン・ゴジラ 東宝
監督:庵野秀明
長谷川博己・竹野内豊・石原さとみ・大杉 漣・柄本 明
※ゴジラが闊歩したのは鎌倉
2016/09/10 四月は君の嘘 東宝 新川直司
『四月は君の嘘』
監督:新城毅彦
広瀬すず・山崎賢人・石井杏奈・中川大志・壇 れい
※かをりが歩いたのは稲村ガ崎
2017/05/20 鎌倉アカデミア 青の時代 「鎌倉アカデミア
青の時代」
制作委員会

監督:大嶋 拓
鈴木清順・岩内克己・勝田 久・加藤茂雄・川久保潔
※鎌倉アカデミアの仮校舎が光明寺
2017/06/03 武曲 MUKOKU キノ
フィルムズ
藤沢 周
『武曲』
監督:熊切和嘉
綾野 剛・村上虹郎・前田敦子・片岡礼子・柄本 明
※融が通う高校が北鎌倉
2017/08/25 きみの声をとどけたい
(アニメ)
東北新社
監督:伊藤尚往
声:片平美那・田中有紀・岩渕桃香・三森すずこ・野沢雅子
※なぎさたちが住む「日ノ坂町」のモデルが腰越
2017/12/09 DESTINY
鎌倉ものがたり
東宝 西岸良平
『鎌倉ものがたり』
監督:山崎 貴
堺 雅人・高畑充希・堤 真一・安藤サクラ・中村玉緒
※正和の家が長谷
2018/07/07 熊野からイントゥ・ザ・新宮 田中千世子
事務所

監督:田中千世子
海部剛史・雨蘭咲木子・鈴木弥生・KENT・佐野史郎
※剛史は鎌倉からロードバイクで新宮に向かう
2018/10/13 日日是好日 東京テアトル
ヨアケ

監督:大森立嗣
黒木 華・多部未華子・樹木希林・鶴見辰吾・郡山冬果
※典子と美智子が将来を語り合うのが鎌倉の海岸
2018/11/01 ビブリア古書堂の事件手帖 20世紀FOX
KADOKAWA
三上 延
『ビブリア古書堂の
事件手帖』
監督:三島有紀子
黒木 華・野村周平・夏帆・東出昌大・成田 凌
※古書堂があるのが鎌倉