大町桂月の作品
大町桂月の作品です。

大町桂月(1869~1925)
  高知県出身の歌人・詩人・随筆家。酒と旅を愛した紀行文の名手。
  北海道の「層雲峡」や「羽衣の滝」の名付け親。
作品名 発行年
杉田の一夜 1922
親馬鹿の旅 1922
粕壁夜行記 1922
.
杉田の一夜 大町桂月 未刊行
あらすじ
 月夜に咲く梅の花を見に記者と船を乗り継ぎやってきた杉田で、一夜を過ごすことになったが…。


 作品の舞台
 滑川・・・滑川の青砥藤綱の逸話は、鎌倉ではなく杉田にある滑川でおこったのだと、地元の子供にからかわれます。
 登場人物
主人公 作者。
白髭の僧。
地元の女。
年増 八幡祠近くの茶店の女。30歳前後。
少女 八幡祠近くの茶店の女。17~8歳。
地元の子供。
.
親馬鹿の旅 大町桂月 未刊行
あらすじ
 借金を返し気が大きくなってきたので、子どもたちを連れて江ノ島へ遊びに行くことになったが、道中なかなかうまく事が運ばず、子どもたちもなかなか笑顔を見せてくれない…。


 作品の舞台
 長谷・・・長谷観音や大仏を見ても、子どもたちは喜びません。
 登場人物
主人公 作者。
長男 主人公の長男。
次男 主人公の長男。8歳。
三男 主人公の長男。6歳。
.
粕壁夜行記 大町桂月 未刊行
あらすじ
 薊山は、学友たちと千住大橋から粕壁(春日部)まで夜通し歩いていくことになった…。


 作品の舞台
 鎌倉・・・薊山と山神は、学生時代徹夜して鎌倉まで歩いていったことがあります。
 登場人物
伊藤 薊山 大田中学校の教員。
盬井 健男 薊山の義甥。
西山 巖夫 薊山の義甥。
西山 政長 薊山の甥。
岡本 一平 書家。漫画家。
西村 酔夢 朝日新聞記者。
山神 薊山の学友。
松崎 求己 粕壁中学校校長。