海街Diary 吉田 秋生 角川書店
あらすじ
 鎌倉に住む香田三姉妹のもとに、長い間会ってなかった父の訃報が届いた。あまりにも突然の話で深い悲しみも湧かないまま、葬式が行われる山形へ向かった3人は、そこで気丈にふるまう腹違いの妹・すずと出会う。顔に感情をみせないすずに違和感を感じた彼女たちだが、亡父のことで感謝の声をかけられた際、感情を爆発させてしまったすずの姿を見て、幸は彼女に「鎌倉で一緒に暮らそう」と誘う。そして父の四十九日を済ませた後、香田姉妹の「四女」としてすずの鎌倉での生活が始まった…。


 作品の舞台
 極楽寺・・・香田姉妹が住む古民家があります。
 二階堂・・・多田将也がすむアパート「ラ・ぷちメゾン二階堂」があります。
 長谷・・・尾崎風太の実家「尾崎酒店」があります。また朋章が住む古びたマンションがあります。さらに雑貨屋「布や」があります。
 腰越・・・坂下美帆の実家「つり船屋 宝丸」があります。
 大船・・・母と娘たちの仲を案じる香田姉妹の叔母が住んでいます。
 稲村ガ崎・・・すずが朋章を追いかけサーフィンを試みます。また朋章がアルバイトをするマリンショップ「ドルフィン」があります。
 佐助稲荷
・・・千佳とすずが朋章を追いかけていくと、佐助稲荷で朋章と謎の男が密会するのを見てしまいます。
 
御霊神社・・・自転車に二人乗りする風太とすずは、御霊神社の踏切をくぐろうとしている多田の姿を見かけます。
 無心庵・・・恋に疲れた幸とすずは、無心庵で甘いものを食べながら、すずの今後の進路のことを話します。
 力餅家・・・すずと風太は、力餅を買いに行きます。
 光明寺・・・幸と椎名は最後のデートで、光明寺のお十夜に行きます。
 高徳院・・・12月24日、すずと風太はデートで鎌倉大仏を見に行きます。
 長谷寺・・・大仏を見た後、すずと風太は長谷観音を見に行きます。
 鎌倉宮・・・多田と風太は鎌倉宮で待ち合わせをして、チームの将来について話し合います。
 旭屋本店・・・福田とミドリの大好物は、旭屋本店の豆大福です。
 北鎌倉・・・すずや直人、風太は、北鎌倉の「アトリエ糸切屋」を訪ね、地図にない小径を探し歩きます。
 登場人物
香田  幸 香田家の長女。愛称・シャチ姉。「鎌倉市民病院」内科病棟の看護師。29歳。真面目でしっかり者。のちに緩和ケア病棟へ異動する。
香田 佳乃 香田家の次女。愛称・よっちゃん。「鎌倉八幡信用金庫」のOL。22歳。酒癖と男運が悪い。「尾崎酒店」の常連客。カマドウマが苦手。
香田 千佳 香田家の三女。愛称・チカ。スポーツ用品店「スポーツ・マックス」藤沢店の店員。19歳。父の葬儀前にいきなりアフロヘアーにした。色々な意味でわかりづらい性格。
浅野 すず 香田家に引っ越してきた異母妹。亀ヶ岡中学校1年。13歳。仙台で暮らしていた頃、名門のジュニアサッカーチームのレギュラーとして活躍。引っ越し後に鎌倉のジュニアサッカーチーム「湘南オクトパス」No.23として入団する。
多田 裕也 「湘南オクトパス」No.10。亀ヶ谷中学校1年。チームの主将だが、右足に悪性腫瘍が見つかり、膝下を切断することになる。母子家庭。
尾崎 風太 「湘南オクトパス」No.18。亀ヶ谷中学校1年。多田の入院後、主将代理をつとめる。観察力に優れていることを自分では気が付いていない。
緒方 将志 「湘南オクトパス」No.7。亀ヶ谷中学校1年。「湘南オクトパス」No.7。以前住んでいたことから関西訛りがたまにでる。口が軽い。以前住んでいたことから関西訛りがたまにでる。口が軽い。
坂下 美帆 「湘南オクトパス」No.1。藤沢女学園中等部1年。チームの正ゴールキーパー。愛称・みぽりん。
小山恵理子 すず、風太、将志、裕也のクラスメート。修学旅行で同じ班になる。
深澤 すず、風太、将志、裕也のクラスメート。修学旅行で同じ班になる。
宮地 「湘南オクトパス」の選手。
チューやん 「湘南オクトパス」の選手。
ヒロシ 「湘南オクトパス」の選手。
ノブ 「湘南オクトパス」の選手。
タケ 「湘南オクトパス」の選手。
コージ 「湘南オクトパス」の選手。
雄二 「湘南オクトパス」の選手。
山本 「湘南オクトパス」の新入団選手。
岡田 「湘南オクトパス」の新入団選手。
井上 泰之 「湘南オクトパス」監督。「鎌倉市民病院」リハビリテーション科理学療法士。
尾崎 光良 風太の兄。「尾崎酒店」の若旦那。元ヤン。
尾崎 春江 光良の妻。元ヤン。
尾崎 光道 光良と春江の息子。産まれたばかり。
尾崎 美樹 風太の姉。
緒方ミドリ 篤志・将志の母。「海猫食堂」のパート店員。
緒方 篤志 将志の兄。
坂下 美帆の長兄。「鎌倉八幡信用金庫」の係長。佳乃の上司。「尾崎酒店」の常連客。
坂下 美波 美帆の次兄。腰越漁港の漁師。元・オクトパス・ジュニアの1期生。
坂下  渚 美帆の三兄。篤志の同級生。
椎名 和也 「鎌倉市民病院」小児科医。妻と別居中。幸と不倫中。
山路 「鎌倉市民病院」外科医。
村田 「鎌倉市民病院」緩和ケア病棟の医師。
高野 「鎌倉市民病院」内科病棟の看護師長。
アライ 「鎌倉市民病院」内科病棟看護師。幸の同僚。同僚からは悩みの種だが、患者からの信頼は厚い。のちに幸とともに緩和ケア病棟に異動する。
太田 「鎌倉八幡信用金庫」の課長。佳乃の上司。
和田 「鎌倉八幡信用金庫」の社員。佳乃の後輩社員。
藤井 朋章 佳乃の彼氏。北鎌倉高校2年。マリンショップ「ドルフィン」のアルバイト。医者の一人息子でありながら、古びたマンションで一人暮らしをしている。
浜田 三蔵 「スポーツ・マックス」藤沢店店長。「アフロ店長」と呼ばれる。趣味は登山。
藤井美佐子 朋章の叔母。小笠原で民宿兼ダイビング・ショップを経営。元・「鎌倉市民病院」看護師。
岩井  寛 マリンショップ「ドルフィン」店長。光良の中学時代の友人。
原  尚久 「ドルフィン」のアルバイト。北鎌倉高校2年。
岩崎 光司 佐助稲荷のそばにある植木屋の息子。
香田  都 香田姉妹の母。特に幸とは相性が悪い。離婚後、札幌在住。
大船 大船に住む香田姉妹の叔母。姉妹からは「大船」と呼ばれている。名前は作中に出てこない。
浅野 陽子 香田姉妹の父の後妻(再々婚相手)。夫(姉妹の父)の死後、叔父の家に落ち着くが1年後に米沢で再婚する。精神的に弱い体質。
飯田 陽子の叔父。司法書士。子供がいない。
浅野 和樹 陽子の連れ子。母が米沢へ移り住む際、母と弟と別れ、飯田家へ残る。
浅野 智樹 和樹の弟。兄と別れ、母とともに米沢へ移り住む。
浅野季和子 すずの実母。くも膜下出血で死亡。
北川十和子 季和子の妹。
北川 正人 季和子・十和子の兄。金沢の呉服屋を経営。。
北川 里美 正人の妻。
北川 直人 正人の長男。県立美術大学3年生。方向音痴。
ジーコ 「肉のナカムラ」店主。「湘南オクトパス」を支援する。顔がジーコに似ている。
ロナウジー子 「肉のナカムラ」店主の妻。顔がロナウジーニョに似ている。
二ノ宮幸子 「海猫食堂」店主。緒方家とは家族同様の付き合い。親を看取った半年後、自分も末期ガンであることを知る。
福田 仙一 カフェ「山猫亭」のマスター。関西出身で口は悪いが、人は良い。「尾崎酒店」の常連客。
加藤乃恵留 豪福寺の住職。「海猫食堂」「山猫亭」の常連客。
桐谷  糸 北鎌倉にある「アトリエ糸切屋」の刺繍作家。
高山 三蔵が所属する山岳会の会員。
アン・パサン 三蔵たちのマナスル登山を支援したシェルパ。
遠藤 ウメ 「鎌倉市民病院」入院患者。
上田 「鎌倉市民病院」入院患者。
佐藤 「鎌倉市民病院」入院患者。
佐伯 「鎌倉市民病院」入院患者。
太田 「鎌倉市民病院」入院患者。
「鎌倉市民病院」入院患者。
みっちゃん すずの山形時代の友だち。吹奏楽部員。
えりちゃん すずの山形時代の友だち。吹奏楽部員。
.
海街diary 高瀬ゆのか 小学館文庫
あらすじ
 鎌倉に住む香田三姉妹のもとに、長い間会ってなかった父の訃報が届いた。あまりにも突然の話で深い悲しみも湧かないまま、葬式が行われる山形へ向かった3人は、そこで気丈にふるまう腹違いの妹・すずと出会う。顔に感情をみせないすずに違和感を感じた彼女たちだが、亡父のことで感謝の声をかけられた際、感情を爆発させてしまったすずの姿を見て、幸は彼女に「鎌倉で一緒に暮らそう」と誘う。そして父の四十九日を済ませた後、香田姉妹の「四女」としてすずの鎌倉での生活が始まった…。
映画『海街diary』のノベライズ版

 作品の舞台
 極楽寺・・・香田姉妹が住む古民家があります。
 腰越・・・坂下美帆の実家「つり船屋 宝丸」の釣り船に乗って、すずたちは花火大会を楽しみます。
 
御成中学校・・・すずは、風太たちが通う御成中学校に転校します。
 稲村ガ崎・・・すずが朋章を追いかけサーフィンを試みます。また朋章がアルバイトをするマリンショップ「ドルフィン」があります。
 登場人物
香田  幸 香田家の長女。愛称・シャチ姉。「鎌倉市民病院」内科病棟の看護師。真面目でしっかり者。妹たちへの小言が多い。
香田 佳乃 香田家の次女。愛称・よっちゃん。「鎌倉八幡信用金庫」のOL。酒癖と男運が悪い。
香田 千佳 香田家の三女。愛称・チカ。スポーツ用品店「スポーツ・マックス」の店員。釣りが好き。
浅野 すず 香田家に引っ越してきた異母妹。御成中学校2年。鎌倉へ引っ越し後にジュニアサッカーチーム「オクトパス」に入団する。
尾崎 風太 「オクトパス」メンバー。御成中学校2年。多田の入院後、主将代理をつとめる。観察力に優れていることを自分では気が付いていない。
緒方 将志 「オクトパス」No.7。御成中学校2年。「湘南オクトパス」No.7。以前住んでいたことから関西訛りがたまにでる。口が軽い。以前住んでいたことから関西訛りがたまにでる。口が軽い。
坂下 美帆 「オクトパス」No.1。チームの正ゴールキーパー。
井上 泰之 「オクトパス」監督。「鎌倉市民病院」リハビリテーション科理学療法士。
坂下 美帆の兄。「鎌倉八幡信用金庫」の課長。佳乃の上司。元・都市銀行の銀行員。
椎名 和也 「鎌倉市民病院」小児科医。妻と別居中。幸と不倫中。
高野 「鎌倉市民病院」内科病棟の看護師長。
アライ 「鎌倉市民病院」内科病棟看護師。幸の同僚。あっけらかんとした性格が同僚からは悩みの種。
藤井 朋章 佳乃の年下の彼氏。
浜田 三蔵 「スポーツ・マックス」店長。趣味は登山。
香田  都 香田姉妹の母。特に幸とは相性が悪い。
史代 大船に住む香田姉妹の大叔母。祖母の妹。
陽子 香田姉妹の父の後妻(3番目の妻)。すずと山形で暮らしていたが、血のつながりはない。(すずは2番目の妻の子)
飯田 陽子の叔父。
二ノ宮幸子 「オクトパス」メンバーが集う「海猫食堂」店主。親を看取った半年後、自分も末期ガンであることを知る。
福田 仙一 カフェ「山猫亭」のマスター。「海猫食堂」の常連客。
佐藤 「鎌倉市民病院」入院患者。
瀬戸 すず・風太のクラスメート。野球部員。
紺野 「鎌倉八幡信用金庫」に融資を頼む工場長。
大沢 御成中学校教師。生徒たちからは嫌がられている。
田辺 「鎌倉市民病院」小児科看護師。
.
海街diary 百瀬しのぶ 小学館
ジュニア文庫
あらすじ
 鎌倉に住む香田三姉妹のもとに、長い間会ってなかった父の訃報が届いた。あまりにも突然の話で深い悲しみも湧かないまま、葬式が行われる山形へ向かった3人は、そこで気丈にふるまう腹違いの妹・すずと出会う。顔に感情をみせないすずに違和感を感じた彼女たちだが、亡父のことで感謝の声をかけられた際、感情を爆発させてしまったすずの姿を見て、幸は彼女に「鎌倉で一緒に暮らそう」と誘う。そして父の四十九日を済ませた後、香田姉妹の「四女」としてすずの鎌倉での生活が始まった…。
映画『海街diary』のノベライズ・ジュニア文庫版

 作品の舞台
 極楽寺・・・香田姉妹が住む古民家があります。
 腰越・・・坂下美帆の実家「つり船屋 宝丸」の釣り船に乗って、すずたちは花火大会を楽しみます。
 
御成中学校・・・すずは、風太たちが通う御成中学校に転校します。
 稲村ガ崎・・・すずが朋章を追いかけサーフィンを試みます。また朋章がアルバイトをするマリンショップ「ドルフィン」があります。
 登場人物
香田  幸 香田家の長女。愛称・シャチ姉。「鎌倉市民病院」内科病棟の看護師。真面目でしっかり者。妹たちへの小言が多い。
香田 佳乃 香田家の次女。愛称・よっちゃん。「鎌倉八幡信用金庫」のOL。酒癖と男運が悪い。
香田 千佳 香田家の三女。愛称・チカ。スポーツ用品店「スポーツ・マックス」の店員。釣りが好き。
浅野 すず 香田家に引っ越してきた異母妹。御成中学校2年。鎌倉へ引っ越し後にジュニアサッカーチーム「オクトパス」に入団する。
尾崎 風太 「オクトパス」メンバー。御成中学校2年。多田の入院後、主将代理をつとめる。観察力に優れていることを自分では気が付いていない。
緒方 将志 「オクトパス」No.7。御成中学校2年。「湘南オクトパス」No.7。以前住んでいたことから関西訛りがたまにでる。口が軽い。以前住んでいたことから関西訛りがたまにでる。口が軽い。
坂下 美帆 「オクトパス」No.1。チームの正ゴールキーパー。
井上 泰之 「オクトパス」監督。「鎌倉市民病院」リハビリテーション科理学療法士。
坂下 美帆の兄。「鎌倉八幡信用金庫」の課長。佳乃の上司。元・都市銀行の銀行員。
椎名 和也 「鎌倉市民病院」小児科医。妻と別居中。幸と不倫中。
高野 「鎌倉市民病院」内科病棟の看護師長。
アライ 「鎌倉市民病院」内科病棟看護師。幸の同僚。あっけらかんとした性格が同僚からは悩みの種。
藤井 朋章 佳乃の年下の彼氏。
浜田 三蔵 「スポーツ・マックス」店長。趣味は登山。
香田  都 香田姉妹の母。特に幸とは相性が悪い。
史代 大船に住む香田姉妹の大叔母。祖母の妹。
陽子 香田姉妹の父の後妻(3番目の妻)。すずと山形で暮らしていたが、血のつながりはない。(すずは2番目の妻の子)
飯田 陽子の叔父。
二ノ宮幸子 「オクトパス」メンバーが集う「海猫食堂」店主。親を看取った半年後、自分も末期ガンであることを知る。
福田 仙一 カフェ「山猫亭」のマスター。「海猫食堂」の常連客。
佐藤 「鎌倉市民病院」入院患者。
瀬戸 すず・風太のクラスメート。野球部員。
紺野 「鎌倉八幡信用金庫」に融資を頼む工場長。
大沢 御成中学校教師。生徒たちからは嫌がられている。
田辺 「鎌倉市民病院」小児科看護師。