戦国コレクション COLLECTION-7
「Refined Bard」
コナミデシタル
エンタテイメント
テレビ東京系
あらすじ
 旅をしていた芭蕉がふと立ち寄った海沿いのカフェ「さいはてカフェ」。薄汚いその店を経営していたのは不機嫌な表情を崩さない真理恵。スタッフたちも元気のない中、ひとり元気で明るい真理恵の娘・亜衣のすすめで、芭蕉はカフェの横にある古びたホテルに泊まることとなった。翌日、芭蕉はカフェをきれいに掃除するのだが、逆に真理恵から怒りをかってしまう…。(2012.5.17放映)


 作品の舞台
 鶴岡八幡宮・・・芭蕉が八幡宮の前を歩きます。
 七里ガ浜・・・真理恵が経営する「さいはてカフェ」があります。
 登場人物
松尾 芭蕉
(西 明日香)
旅する俳人少女。セリフが「5・7・5調」。
真理恵
(斉藤貴美子)
鎌倉にある「さいはてカフェ」の経営者。いつも不機嫌。昔はピアノ弾きだった。
亜衣
(野中  藍)
真理恵の娘。元気で明るい。
恭一
(菅沼 久義)
「さいはてカフェ」のボーイ。元は絵描き。
さとし
(阪口 周平)
「さいはてカフェ」のオカマメイド。ダンス教室の先生。
さとしの母親
(珠希 美碧)
長年会っていなかったさとしの母。
真理恵の元夫
(近藤 隆幸)
真理恵と離婚後、店に立ち寄るが追いだされた元夫。
レポーター
(大倉 ゆか)
情報番組の女性レポーター。
織田 信長
(大久保瑠美)
芭蕉の友人。