一休さん 165話
(一休旅日記 東海道編)
鎌倉とさよのそっくりさん
制作:東映動画
脚本:山浦弘靖
テレビ朝日
あらすじ
 京の安国寺を出て一か月、一休と新右衛門は鎌倉の近くまでやってきたが、その道中で一休の友だちのさよちゃんとそっくりな女の子と出会った。彼女は侍大将・兵頭大膳の娘で「さよ」と名乗り、家宝の皿を割った子供をかばい家を出て行ってしまった義理の母・楓を探しに、家に黙って一人で鎌倉へ行く途中だった。女の子一人では危ないと一休たちは彼女に同行し、彼女がいる東慶寺へ向かったが、そこに大膳が現れた…。

 作品の舞台
 建長寺・・・一休たちは安国寺の親戚筋にあたる建長寺へ向かう予定でした。
 稲村ガ崎・・・新右衛門は、一休たちに一休の母と同じ南朝に属する武将・新田義貞の逸話を話します。
 化粧坂・・・一休たちはここから鎌倉へ入ります。
 東慶寺・・・駆込んだ楓に会いたいと、一休たちと共にさよが訪ねます。
 登場人物(カッコ内は声優名)
一休さん
(藤田 淑子)
京都の安国寺で修行する正義感が強い聡明な小坊主。とんちが得意。
蜷川新右衛門
(野田 圭一)
一休の友だち。寺社奉行。武芸の達人。
さよちゃん
(桂  玲子)
安国寺境内裏に住む一休の友だち。
兵頭 大膳 相模国侍大将。無骨者。
大膳の後妻。
さよ 大膳の娘。気の強いおてんば娘。楓は義理の母。
さよの異母弟。兵頭家家宝の皿を割ってしまう。
さよの異母妹。
東慶寺の住持。
医師 鎌倉の医師。
たま 安国寺に住みつく猫。
ナレーター
(増山江威子)
ナレーション。