花物語 するがデビル 其ノ肆 総監督:新房昭之
原 作:西尾維新
TOKYO-MX
あらすじ
 駿河は何でも願いをかなえてくれる「悪魔様」の正体を突きとめた。その正体とはかつて駿河とバスケットボールでライバル関係にいた沼地蠟花だった。そこで駿河は彼女にその真意を聞くことにした…。
(2014.8.16放映)

 作品の舞台
 日坂・・・蠟花と会った嫌な思いが残った駿河は、夜中にランニングをします。
 小動・・・駿河は夜中にランニングをします。
 登場人物(カッコ内は声優名)
神原 駿河
(沢城みゆき)
私立直江津高校3年生。バスケットボール部のエースだったが、「猿の手」に願い出たことで左腕が「悪魔の手」に変化してしまいサークルを退部してしまう。現在はテープを巻いて固定している。
阿良々木暦
(神谷 浩史)
駿河の1年年上の先輩。直江津高校卒業生。吸血鬼もどき。二人の妹を溺愛している。
阿良々木火憐
(喜多村英梨)
暦の長妹。私立栂の木高校1年生。
沼地 蠟花
(阿澄 佳奈)
中学時代にバスケットボールで駿河とライバル関係にあった女子高生。悪魔のパーツを全身に取り込もうとしている。
日傘
(日笠 陽子)
駿河のバスケットボール仲間。