ビブリオ古書堂の事件手帖スピンオフ
こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌
峰守ひろかず 電撃文庫
あらすじ
 鎌倉のとある高校に通う高校生・前河響平は、落とし物だった自作の創作小説が書かれているノートを一人の少女に読まれてしまい慌てていた。そして、ノートを取り返すべくその少女・卯城野こぐちを訪ねていくと、彼女が50年以上前から続く旧図書館の保存・維持を活動としている図書部のたった一人の部員だということを知った。しかし生徒会は施設の老朽化を理由に旧図書館を廃止する方針をうちだしたため、施設資料の質の良さをアピールするこぐちは生徒会と本のプレゼン合戦「ビブリアファイト」で施設の存続を賭けることになり、響平も巻きこまれてしまった。そして二人はプレゼンする資料の相談をしていると、眼鏡をかけた一人の女性が話しかけてきた…。


 作品の舞台
 鎌倉・・・鎌倉と北鎌倉の駅の間あたりに、響平たちが通う高校があります。(校名の記載はなし)
 北鎌倉・・・響平とこぐちは駅前のカフェでプレゼンの打ち合わせをします。
 大船・・・響平の家があります。
 登場人物
前河 響平 鎌倉のとある高校に通う高校生。1年3組。
卯城野こぐち 響平と同じ高校の生徒。1年1組。旧図書館を維持するたったひとりの図書部員。美少女。
旭山  扉 響平と同じ高校の生徒。生徒会会長。旧図書館の廃止を議決する。
楯石 理津 響平と同じ高校の生徒。生徒会副会長。旧図書館廃止派の急先鋒。
真中 双葉 響平と同じ高校の生徒。2年4組。TRGP(テーブルクロスロールプレイングゲーム)同好会代表。学年成績トップの秀才。
方倉 聖羅 響平と同じ高校の生徒。2年1組。
方倉 響平と同じ高校の生徒。1年3組。響平のクラスメート。
氷川 響平と同じ高校の生徒。ストリートダンス同好会代表。
高山 知佳 響平が通う高校の教師。司書資格を持つ英語担当。図書部顧問。
篠川 栞子 北鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」の店主。
五浦 大輔 「ビブリア古書堂」店員。
篠川 文香 栞子の妹。名前は出てこないがスピンオフである以上、「妹」といえば彼女のこと。
志田 「ビブリア古書堂」の常連客。せどり屋。